健康

2012年12月28日 (金)

膝痛顛末記

Pc265255acd_

今まで右の膝が半年から1年間隔で痛くなることは6,7年前からあったのですが、痛いのは2,3日で自然に治っていました。

ところが昨年の8月は様相が違い痛みがひどく膝も少し腫れて熱を持ってきたので、初めて整形外科に行って見てもらいました。

レントゲンでは骨や関節に異常はなく痛風ではないかとの診断でした。

湿布と痛み止めを貰ってきたのですが、その日がピークで薬もちょっと使っただけで治ってしまいました。

そして今回は初めて左膝が痛くなりました。

二日後には鎌倉行きがあったので様子を見ていましたが、結局残っていた湿布を貼り、痛み止めの薬を飲んで鎌倉に行って来ました。

痛み止めが効いていたので歩くのにそれほど支障は無かったのですが、一ヶ所円覚寺の鐘楼への100段くらいの急な石段の下りには痛くてまいりました。

その後はそのうち治るだろうと呑気に構えていましたが、益々痛みが酷くなる一方でした。

鎌倉に行って足を悪くして帰って来たと言われるのが嫌で、密かにバッファリンなど飲んで我慢していました。

鎌倉から帰って4日目の12月11日までは13日にフォトギャラリーキタムラでの公募展を福宮さんと見に行くつもりでいましたが、その日の夜は床の中でどんな体勢になっても膝が痛くて眠れず、腰まで痛くなってしまいました。

翌12日公募展に行くのは諦めざるを得ず福宮さんとタチアオイさんに行けない事のメールをして整形外科に行きました。

昨年行ったところとは違う評判の良い整形外科です。

レントゲンの結果は関節は正常でしたがお皿が少し出っ張っていて筋肉が擦れて炎症を起こしていると言う事で、ジェルの塗り薬とサポーターをくれました。

ところがこの塗り薬が全く効かず痛みが酷くなる一方で、おまけにその翌日は整形外科はお休みで、夜眠れない最悪の二日間となりました。

再び整形外科に行きましたが歩いて15分位のところなのでとても歩いては行けず、娘に車で連れて行ってもらいました。

お医者さんは前回初診だったので遠慮して打たなかったけど、注射を打ちましょうと言う事で注射を打つことになりました。

私は注射は平気なのでいつもの様にチクっとするだけだろうと思って眺めていましたが、針を刺した途端強烈な痛みで失神するのではないかと一瞬思いました、しかも3cm位奥まで針を入れて薬を入れるのにも30秒位かかりました。

こんな痛い思いをしたのは生涯初めての経験でこのことを帰ってから家内に話したらそんなのお産の痛さに比べたら問題にならないと鼻で笑われました。(笑)

ところが注射を打っている最中にスーッと痛みが和らいで劇的に良くなってしまいました。

炎症を抑える薬とヒアルロン酸を打ったということでした。

薬も鎮痛剤と胃薬が出て帰りは歩いて帰れました。

心配した福宮さんが自身も膝痛で3年間苦しんで最後に行き当たったせんねん灸が一番よく効いたと詳しくせんねん灸のやり方を教えてくれました。

膝痛で苦しんでいる人を見るとせんねん灸を勧めているけど皆効いていると教えてくれました。

早速せんねん灸を買ってきて始めました。

家内の肩こりにも試してみたら良く効いたと言っていました。

福宮さん本当にありがとうございました。

日一日と快方に向かい今は階段の下りでちょっと痛みが出る程度位となり、26日には証券会社のセミナーに出席し、帰りに多摩川の浅間神社の富士山スポットに行って撮影して来ました。(残念ながら富士山は雲の中でした)

それが冒頭の写真です。

皆様にご心配おかけしましたが、お陰さまでどうやら来年も撮影に出かけられる様になりました。

公募展に行けなくて皆様の作品を見れなかったのが非常に残念でしたが、CP+でお会いできたらと思っています。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0)