洗足池

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

2017年元旦は雲一つない青空の初日の出でした。
昨年後半はブログの更新を出来ませんでしたが相変わらず洗足池を撮り続けています。
今年はもう少し更新できるといいなと思っています。
今年も宜しくお願い致します。
1)
P1014090st_
2)
P1014118acd_
3)
P1014127acd_
4)
P1014152_

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

洗足池公園 春の花々2016

今年3月、4月に洗足池公園で撮った花々をまとめてスライドショーにしました。
6分ちょっとかかりますが、ご覧下さい。
P4061324acd_

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

春宵の響

5月12日(木)新しい池月橋を舞台にして恒例の「春宵の響」が開催されました。
今年は鳥居の前の舞台から花道が伸びてメタセコイアの樹間に能舞台が設置されました。
それに伴って小舟はなく、ピアノの設置もありませんでした。
1)司会は英語通訳付きでした
P5121437acd_
2)松原大田区長は洗足池は大田区の宝とあいさつされました
P5121454acd_
3)赤い照明に映える池月橋の舞台でこの演奏会のリーダー福原徹の笛
P5121469acd_
4)笛の福原百貴、お囃子の福原百之助、藤舎清穂(右)、望月太佐乃(左)
P5121479acd_
5)能舞台へとのびる花道
P5121482acd_
6)能舞台で演奏する尺八の善養寺恵介
P5121524acd_
7)能楽師小早川修の舞(今年の目玉)
P5121609acd_
8) 五条橋幻想(弁慶と牛若丸)
P5121564acd_
9)舞台を小舟から池月橋に変えて笛の福原邑佳
P5121653acd_
10)
P5121643acd_
11) 私の右の方ではCATVでのLIVE実況中継をやっていました
P5127175acd_
12)最後のご挨拶
P5121674acdjpg_
13)帰りに撮った未だライトアップ中の池月橋遠望
P5127183acd_
今年は色々趣向が変わって一段と素晴らしい演奏会でした。
「メロディーの散歩道」を動画でも撮りました。
是非クリックしてご覧ください。
 
 

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

池月橋渡り初め式

池月橋が20年ぶりに架け替えられ、4月2日に渡り初め式が行われました。
1)準備完了の池月橋
P4020938acd_
2)渡り初め式会場受付
P4020949acd_
3)ゆきがや太鼓のオープニング演奏
P4020989acd_
4)テープカット
P4021008acd_
5)来賓客の渡り初め
P4021059acd_
6)
P4021066acd_
7)一般客の渡り初め
P4021127acd_
8)一般客の渡り初めに参加して渡りながらの撮影
P4021160acd_
ほぼ満開の桜を背景に渡り初めなるものを初めて体験しました。

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

街の手帖 池上線

「街の手帖 池上線」という雑誌の編集者から取材を受け、洗足池公園の花見、春の花々について話をしました。

このほど出来上がり「街の手帖 池上線19」が送って来ました。
この雑誌があることは17号に「トコリエ」さんが載っていて購入していたので、これは私の撮影スポット探しにいいなと注目していました。
18号にはあの「池上線」の歌で知られる西島三恵子さんのインタビューと最近の活動が載っていて懐かしく拝見しました。
私が18歳の時受験のために初めて上京した時、東京駅に迎えに来て下さった初対面の叔父さんに連れられて五反田から乗った池上線の電車が忘れられません。
というのは単線の電車しか乗ったことが無かったので、反対車線の電車がすれ違う事を予想もしていなく、突然大きな音を立てて電車がすれ違ったので本当にびっくりしたからです。
それほど緊張していたのでしょう。
以来56年間東急沿線が一番私と縁がありました。
1)「街の手帖 池上線19」の表紙
Photo


2)私の取材記事
Imgep570acd_2


3)取り扱い書店
Imgep571acd


「街の手帖 池上線」のHPは下記です。
そこで購入も出来るようです。
 

| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

第28回いきいき大田写真コンクール

「第28回いきいき大田写真コンクール」で優秀賞に入賞しました。

今まで佳作2回、協賛賞4回と入賞してきましたが、今回初めての優秀賞です。
毎年1月1日発行の大田区報で発表されますが、佳作は名前が載るだけで作品は載りません。
優秀賞は作品も載るので目標にしていましたが漸く達成することが出来ました。
展示発表会は来年1月8日(金)~12日(火) 午前10時~午後6時(12日は午後5時まで)
入賞・入選作品 205点が展示されます。
場所は 区民ホールアプリコ 地下1階展示室 JR蒲田駅東口徒歩約3分
表彰式・選者の後援会
     1月9日(土) 午後2時半~5時 地下1階小ホール
宜しければ是非ご覧下さい。
私は9日表彰式と後援会に参加します。
優秀賞作品は「洗足池の夕焼け」です。
この13年間洗足池の夕焼けを撮り続けて来ました。
中にはマンションカタログに見開き全面に採用されたされたこともありますが
今回は優秀賞を頂くことが出来ました。
1)「洗足池の夕焼け」
Qa263601acdw4_
使用カメラ・レンズ OLYMPUS OM-D E-M5   LUMIX G VARIO14-140mm
2)入選作品「樹間に響く笛の音」
P5251352slk6acd_
使用カメラ・レンズ OLYMPUS OM-D E-M5MarkⅡ MZD40-150mmF2.8
それでは皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (4)

2015年8月30日 (日)

洗足池の蓮2015

洗足池の蓮もほとんど咲き終わったので今年撮った蓮の写真をまとめて載せます。

蓮は朝咲くのでなかなか撮りに行けなく、朝一番で病院に行った帰りに撮っています。

今年は4回くらい撮りに行きましたが、なかなか咲いたばかりの状態の良い蓮に出会うのは難しいですね。

洗足池の蓮は2012年に植えられて咲き始め今年4年目となりました。

ピンクの古代蓮と白い蓮(白蓮)が咲きます。

1)

P7081748slk6acd_

2)

P7081751slk6acd_

3)撮っていたらお母さんと坊やがやって来てカメラの視界に入ってきてくれました。

P7081752slk6acd_

4)マクロレンズでアップしてみました。

P7151914acd_

5)こちらは私の持っている中では一番写りの良いMZD75mmF1.8によるアップです。

P7242028slk6acd_

6)

P8062178acd_

7)今年はフィッシュアイレンズで洗足池に咲いていることが分かるように撮ってみました。

P8037991slk6acd_

8)

P8037993slk6acd_

9)夕方は花は開いていませんが夕焼けを背景に撮れます。

P7127970acd_

10)

P7127971acd_

蓮が植えられてから毎年蓮の咲くのが本当に嬉しい限りです。

来年はどんな蓮に巡り会えてどんな撮り方が出来るか楽しみです。

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

洗足池「春宵の響」動画2

「春宵の響」の動画をもう一つ。

ラストに演奏された「千年の桜」です。
福原徹 作曲
中川俊郎 ピアノパート作曲補佐
ラストにふさわしい邦楽とピアノの見事なコラボでした。

| | コメント (2)

2015年6月22日 (月)

洗足池「春宵の響」動画

春宵の響のプログラムの中で一番親しみやすいのが「メロディの散歩道」です。

毎年誰でも知っている曲を数曲メドレーで演奏されます。
演奏が始まってから急に思いついて動画で撮ってみました。
手持ちでの素人撮影なので見苦しいところが有りますが、春宵の響を知らない方にはその雰囲気が写真より分かるかなと思います。
動画は10分ほどかかります。
来年は三脚か一脚を持って行こうと思いました。

| | コメント (2)

2015年6月21日 (日)

洗足池「春宵の響」

5月25日第21回の春宵の響が洗足池西岸「池月橋」で開催されました。

会場17時45分、開演18時30分ですが、年々観客が増え18時前には座席は一杯、立ち見席も一番前は確保出来ませんでした。
1)
P5251297acd_
2)区長選挙で再選されたばかりの松原太田区長が開会の挨拶をされました。
  毎年照明、音響、今年は司会者も日本工学院専門学校の学生さんが担当しています。
P5251305acd_
3)笛の福原徹さんと「笛福会」の皆様
P5251311acd_
4)笛の福原百貴さん
P5251314acd_
5)笛の福原邑佳さん
P5251358acd_
6)尺八の善養寺恵介さん
P5251316acd_
7)ピアノの中川俊郎さん
P5251319acd_
8)囃子の福原百之助さん
P5251325acd_
9)毎年大森六中の生徒さんからお題が出て即興演奏が有ります。
P5251334acd_
10)橋上と舟中の笛が奏でる妙なる響は幻想的です。
P5251344acd_
11)舟中の笛はぐるりと回りながら演奏されます。
P5251352acd_
12)演奏終了後に演奏者全員を代表して福原徹さんより挨拶が有りました。
P5251362acd_
邦楽界を代表する演奏者と日本の作曲界を代表する作曲家の編曲と演奏のコラボレーションを無料で拝聴出来る「春宵の響」の素晴らしさを堪能させて貰いました。
動画でも撮りましたので次にアップします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧