尾瀬

2013年6月16日 (日)

尾瀬ヶ原その3

朝食後7時3分、山小屋を出発する前に記念写真を山小屋の主人に撮ってもらいました。

1)

P6067611slk5__2

帰りは東電小屋方面へ向かい二日間で尾瀬ヶ原を一周することにしました。

1)

P6067615slk5_

2)

この道にも水芭蕉の群生地がありました。

P6067617slk5_

4)

やがて尾瀬ヶ原橋にさしかかりました。

P6067627slk5_

5)

橋の上から見た川は雪解け水が激流となっていました。

P6067630slk5_

6)

小さな流れに沿って水芭蕉とリュウキンカが咲いているところが至るところにありました。

P6068540slk5_

7)

タテヤマリンドウが可憐に咲いていました。

P6068542slk5_

8)

ショウジョウバカマです。

P6068510slk5_

10)

尾瀬小屋にも咲いていましたが東電小屋にも山桜が咲いていました。

P6068516slk5_

11)

このコースは変化に富んでいてあらためてその良さを実感しました。

このコースにも逆さ燧ヶ岳の見える場所がありましたが、青空の見えない天候でさえません。

P6068556slk5_


12)

牛首分岐からは昨日来た道を帰りますが、この日は色々な団体が続々とやって来て凄い賑わいでした。

P6068569slk5_

13)

10時52分、山の鼻に着きました。

P6068573slk5_

山の鼻で昼食をとりいよいよ最後の難関鳩待峠への急な登りを休憩を取りながらゆっくり登りました。

途中雨が降り出し、雹まで落ちて来ましたが無事鳩待峠に着き、予定通りバスで東京に到着しました。

<終わり>

| | コメント (2)

2013年6月15日 (土)

尾瀬ヶ原その2(夜明け)

6月6日予定通り3時半に起きて福宮さんと尾瀬ヶ原の夜明けを撮影に出かけました。

4時6分、期待通り朝霧が出て燧ヶ岳がぼうっと見えていました。

1)

P6067490slk5_

4時12分、燧ヶ岳の全貌が見えるようになりました。

2)

P6067493slk5_

4時19分、空は茜色、霧は地表に沈んで感動の景色となりました。

この瞬間尾瀬に来た甲斐があったと思いました。

3)

P6067513acd_

4時31分、再び燧ヶ岳が朝霧で見えなくなったので拠水林の向こうに行くことにしました。

拠水林の中には水芭蕉が咲いています。

4)

P6067522slk5_

5)

P6067524slk5_

5時00分、拠水林を抜けると再び燧ヶ岳が見え始めました。

5)

P6067541_

5時21分、至仏山の方も見えて来ました。

6)

P6067563slk5_

そして5時24分燧ヶ岳の稜線に太陽が顔を出しました。

7)

P6067576acd_

5時28分、太陽のほとんどが姿を見せました。

8)

P6067592_


日の出を撮り終え6時からの山小屋の朝食に間に合うように霧の中に見えている山小屋に急ぎました。

9)

P6067609slk5_

尾瀬で山小屋に泊まる最大の目的、夜明けの撮影を終え充実した気持ちで、朝食後二日目の行程に出発しました。

<続く>



| | コメント (4)

2013年6月14日 (金)

尾瀬ヶ原その1

6月4日の夜行バスで尾瀬に行きました。

今回はいつものメンバーに加藤さんの水彩画教室の生徒さんや知人も同行することになり、男性6人、女性6人の総勢12人のパーティーとなりました。

ほとんどの方が初めての尾瀬、しかも平均年令が約70歳と言うことで、注意事項や山小屋の泊まり方などレクチャーしてもらいました。

また休憩時間も十分にとって余裕のある行程にしました。

早朝に鳩待峠に着き、休憩後、6時頃鳩待峠を出発し山の鼻への急な下りを慎重に下り、平坦になったところに水芭蕉の群生がありました。

1)

P6057399slk5_

山の鼻で休憩後いよいよ尾瀬ヶ原に入り逆さ燧ヶ岳の見える所で時間を取り、絵を描いたり写真を撮ったりして休憩しました。

2)

P6057413slk5_

3)

長い休憩のお陰でついた時はさざ波で全く見えなかった逆さ燧が綺麗に見える瞬間をゲットすることが出来ました。

P6057416slk5_

4)

尾瀬ヶ原の一番有名な水芭蕉ポイントに着きました。

画面左寄りの白樺の前がポイントですが思ったほど混んでいないようです。

P6057429slk5_

5)

有名な水芭蕉ポイントですが残念ながら水芭蕉の最盛期を過ぎていました。

P6057433slk5_

6)

同じ場所の2008年5月26日に行った時の状況です。

Img_1189slk5_

翌日の早朝にもこの場所で撮っていたのがありました。

6)-2

Img_1271slk_

昼食をとる予定の竜宮小屋が見えてきて足取りも軽くなりました。

7)

P6057437slk5_


今回は尾瀬ヶ原の見晴地区の山小屋群の中から設備のよさそうな尾瀬小屋を選びました。

小屋の前の広場には雪の山がまだ残っていました。

8)

P6057441slk5_

尾瀬小屋でゆっくりした後夕景を撮りに出かけました。

この時間には人がほとんどいなくなります。

9)

P6057443slk5_

10)

夕日は景鶴山の山並みに沈みました。

P6057454slk5_

11)

至仏山の夕景、雲は焼けてくれませんでした。

P6057460slk5_

12)

P6057476slk5_

13)

綺麗な水芭蕉はなかなか見つからないですが右側のは真っ白で綺麗でした。

P6057477slk5_


14)

いたるところに咲いていたリュウキンカです。

P6057485slk52_

山小屋の消灯は9時です。

3時半に起きて尾瀬ヶ原の夜明けを撮ります。

<続く>






| | コメント (2)

2012年10月 1日 (月)

初秋の尾瀬ヶ原 動植物編

動植物編などと大げさなタイトルですが、花を中心に目に付いたものを撮っただけです。

この時期何といってもエゾリンドウがあちこちに咲いていましたが、綺麗に撮るのは凄く難しくて気に入るものがなかなか撮れませんでした。

1)山の鼻で最初に撮ったものです。

P9192906slk5_

2)2日目に撮ったものです。

P9203080slk5__2

3)鳩待峠から山の鼻にかけてはトリカブトが沢山咲いていました。

P9192893slk5_

4)山の鼻で目に付いたのは赤い実に水滴がついて綺麗でしたが上手く撮れませんでした。

P9192913slk5_

5)ウメバチソウを一つだけ見つけました。

P9203062slk5_

6)ノアザミもまだ咲いていました。

P9203074slk5_

7)ワレモコウはほとんど茶色くなっていましたが、まだ赤いのを見つけました。

P9203096slk5_

8)名前のわからない花

P9203068slk5_

9)これは花なのか分かりませんが沢山見かけました。

P9203112slk5_

10)花ではないですがシダの群生が見事に紅葉していました。

P9206728slk5_

動物ではカモ、イモリ、蝶の幼虫が撮れました。

11)このカモは名前が分からなくて色々調べましたがどうやらマガモのエクリプスのようです。

エクリプスとは繁殖の終わった雄が一時期だけ雌のような色合いになることです。

P9203110slk5_

ここからは苦手な人はパスして下さい。

12)キアゲハの幼虫

P9203093slk5__2

13)イモリが木道にいました。

P9206725slk5_

3年振りの尾瀬で一番変わったと思われるのは様式トイレが多くなったことでした。

東電小屋ではウオッシュレットのトイレがあり、お風呂も綺麗で山小屋とは思えない快適さでした。

来年は水芭蕉の咲く時期に計画しようということになりました。

<初秋の尾瀬ヶ原 終わり>

| | コメント (0)

2012年9月30日 (日)

初秋の尾瀬ヶ原二日目本編

朝食後7時過ぎには東電小屋を出発しました。

昨日は雨だったのでもう一度尾瀬ヶ原銀座通りを撮影したいということで、同じ道を引き返すことにしました。

東電小屋を出ると丁度朝霧が晴れようとしていました。

1)振り返ると朝霧の中燧ヶ岳が見えていました。

P9206672slk5_

2)進む先は朝霧の中に消えていました。

P9206681slk5__2

3)その時なんと進行方向に白い虹が現れました。

珍しいと言われる白い虹を前回に続いて再び見ることが出来ました。

P9206691slk5_1_

4)朝霧がどんどん登っていきます。

P9203082slk5_

5)頭を見せた燧ヶ岳

P9203086slk5_

7)至仏山の山肌を朝霧が登っていきます。

P9203099slk5_

8)竜宮十字路を過ぎると朝霧も全て消えて燧ヶ岳も綺麗に見えてきました。

P9206748slk5_

加藤さんの水彩画 燧ヶ岳

Photo


9)日の光を浴びてヤマウルシの紅葉が一段と鮮やかに見えます。

P9206761slk5_

10)雲が多く光と影がめまぐるしく変化します。白樺に光が当たると幹の白さが際立ちます。

P9206767slk5_

11)

P9206769slk5_

12)

P9203106slk5_

13)逆さ燧ヶ岳の見えるポイントに来た時は残念ながらほとんど雲に隠れていました。

P9206797slk5_

14)今回のメンバーです。左から大胡さん、加藤さん、福宮さん、私で4人の平均年齢69歳です。

Img_8246_

15)至仏山も全容を現し、もう山の鼻もすぐそこです。

P9206809slk5_

加藤さんの水彩画 至仏山

_

山ノ鼻から鳩待峠への約1時間の登り、今回はバスの出発時間に間に合わないといけないので、たっぷり時間の余裕を持って登り始めました。

最後の登りの前に水彩画を描けるだけの休憩をとって登りました。

Photo_2

先に行った福宮さんは45分で登ったそうです。

そして45分間待ったとのことで、我々3人は休憩をたっぷり取ったので1時間半かかって登ったことになります。

<初秋の尾瀬ヶ原動植物編に続く>

| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

初秋の尾瀬ヶ原二日目早朝編

二日目5時に起きて誘ったけど誰も同意しなかったので一人で写真撮りに出かけました。

雨は止んでいて朝霧が少し立ち込めていました。

東電小屋からヨッピ橋方面に行ってみることにしました。

小屋を出てすぐの木道は霧の中に消えていました。

1)

P9203010slk5_

2)この辺りの湿原は背の高い枯れ草が立って独特の景観となっていました。

P9203015slk5_

3)

P9203023slk5__2

4)木道の上には雨に濡れた草が覆いかぶさりたちまち靴が濡れてきました。

P9203035slk5_

5)この辺りはクマが出るそうなので迷わずカナヅチで叩いて音を出しておきました。

P9203037slk5_

6)この茂みの中にクマがいないことを願って更に先に進みました。

P9203038slk5_

7)振り返ってみれば山小屋は霧の彼方なのでそろそろ引き返すことにしました。

P9203041slk5_

8)帰りはまた違った目で行きに気がつかなかった被写体が見えました。

P9203043slk5_

9)

P9203044slk5_

10)

P9203060slk5_

11)東電小屋が見えてきました。東電小屋は塗装工事中で形が変わっています。

P9203064slk5_

丁度朝食に間に合いました。朝食後晴れるのを期待して出発です。

<続く>







| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

初秋の尾瀬ヶ原(1日目)

先週尾瀬ヶ原に行ってきました。

メンバーは大胡さん、福宮さんに、新しく福宮さんの新宅のご近所さんの加藤さんと私の4人です。

加藤さんは会社退職後水彩画の先生をしておられ、個展も何回も開いておられます。

今回は加藤さんが尾瀬を是非描きたいという話が発端で、私の方でバス、山小屋の手配をして実現しました。

私も福宮さんも2年間色々あって尾瀬に行きたくても行けませんでしたが、ようやく3年ぶりに実現しました。

9月18日の夜行バスで19日早朝に雨の鳩待峠に到着しました。

鳩待峠から懐かしい下り道を雨の中すべらないように注意しながら山の鼻に着きました。

1)

P9192892slk5_

ここでの加藤さんの水彩画です。

Photo

手馴れたスケッチと色塗りに感心してしまいました。

尾瀬ヶ原の草紅葉は色づき始めたところでした。

2)

P9192963slk5_

3)雨は降り続き傘をさしての撮影です。

P9196614slk5__7

4)燧ヶ岳も雲に隠れたままです。

P9192965slk5_

5)ヒツジグサも少し色づいていました。

P9192990slk5_

6)尾瀬の白樺は絵になります。色々撮ってみました。

P9192993slk5__2

7)

P9192994slk5__3

8)ヤマウルシだけは真っ赤に紅葉していて尾瀬ヶ原を彩っていました。

P9192999slk5_

9)そこに子供たちがやってきました。

P9196645slk5_


10)加藤さんの絵を見て「わあ!キレイ」と歓声を上げて覗き込んできました。

群馬県の保育園の年長組だそうで、日帰りだと先生が言っていました。

こんな小さな数十人の子ども達、帰りの登り全員大丈夫かなと思いました。

P9192976slk5_

加藤さんの尾瀬ヶ原の絵です。

_

2

10)

P9196659slk5_

結局晴れることはなく山小屋(東電小屋)に14時ごろには到着しました。

通常は一部屋6人の相部屋ですが、4人だけで一部屋確保出来ました。

丁度山小屋を経営している尾瀬林業㈱から私のところに3000円割引のハガキが来ていて

一泊二食8500円のところ全員5500円で済みました。

お風呂に入って食堂での夕食は持ち込みのお酒やそこで買ったビールなどを飲みながら話が弾み、もうおしまいですよと言われるまで盛り上がりました。

21時消灯ですが夜行バスで眠れなかったせいもあり全員20時半には眠りにつきました。

<続く>

| | コメント (2)

2009年11月 7日 (土)

晩秋の尾瀬ヶ原-5(最終回)

朝霧の撮影のあと私たちのために温めなおしてくれた朝食を満足感一杯で食べ、鳩待峠に向かって出発しました。
天気は快晴、木道の霜はすっかりとけてもう滑ることはありません。

5Dmk2+EF17-40mmF4Lを三脚に付け担いで、E-P1+ZD ED70-300mmは手に持って歩きます。

それでは5Dmk2+EF17-40mmF4Lで撮ったものから載せます。

紅葉として一番綺麗だったのはひつじ草でした。
水面に浮かんだ葉っぱだけでなく綺麗に澄んだ水中の中の様子との対比が素晴らしかったのですが、その美しさを私の技術では写真に表現出来ませんでした。

1)
Img_0818slkp_

大堀川の水芭蕉ポイントに着きました。
水も少なく5月や7月に撮ったあの美しさはありませんでした。
早朝ここまで来れなかった方が良かったみたいです。
2)
Img_0833slkp_


3)
Img_0836slkp_


至仏山が水面に写る様にカメラのポジションを低くして撮りました。
4)
Img_0838slkp_

ここはこの時期はほとんどの人が素通りするのでセルフタイマーで記念撮影したりして十分に休憩しました。

木道のかけ替え工事はもう始まっていました。
工事区間は木道が1本になっていて途中ですれ違うための場所が何カ所かありました。
この工事で使えるのはヘリコプターだけで後は全て手作業になるそうです。
木道の寿命は約10年なので10年で一回りする様に毎年区間を決めてかけ替えているそうです。
お蔭で安全に尾瀬のハイキングが出来、本当に有り難い事です。
尾瀬ヶ原は東京電力の所有地でこの木道のかけ替えも尾瀬を守る様々な取り組みの一つとして東京電力が行っているとのことです。
5)
Img_0850slkp_

6)
Img_0851slkp_

7)
Img_0852slkp_


毎回撮っているこの橋、今回も撮りました。
8)
Img_0878slkp_

逆さ燧ヶ岳の撮影ポイントですが風があっておさまるのを随分待ちましたがここまでが限度でした。
9)
Img_0888slkp_

ここからはE-P1+ZD ED70-300mmで撮ったものになります。
前回撮ったホオアカなどの野鳥は300mmではやはり短過ぎたので今回は600mm相当になるこの組み合わせを持ってきました。
しかし出会った野鳥はカルガモとトンビらしきものだけでした。
池糖に泳ぐカルガモはいつも洗足池で見慣れているカルガモと違い新鮮に感じ随分の枚数を撮りました。
10)
Pa181623slkp_

600mm相当の迫力です。
11)
Pa181595slkp_

綺麗なひつじ草の浮かぶ池糖を泳ぐカルガモです。
12)
Pa181641slkp_

最後は逆光でシルエット気味になったものをE-P1のアートフィルターのうちトイカメラを適用しました。
13)
Pa181636ols_

最後の難関、山の鼻から鳩待峠への登りも無事突破しましたが、
この登りが年々きつく感じる様になって、息があがり途中4回も休憩しました。
普段もっと鍛えておかないと至仏山はとても無理かなと思いながら帰途につきました。


| | コメント (0)

2009年10月31日 (土)

晩秋の尾瀬ヶ原-4(20万アクセス達成記念)

朝霧の尾瀬ヶ原の撮影は太陽が出てから変化する霧の状態を四方八方写すのに忙しくなりました。
三脚をその都度動かして撮るのでは間にあわなく手持ちのE-P1の出番でした。

初めは望遠ズームを付けていましたがすぐに14-42mmのキットレンズの変えました。
最初の2枚が望遠ズームでその他は全てキットレンズで撮ったものです。

1)
Pa181537slkp_


2)
Pa181538slkp_

3)
Pa181543slkp_

4)
Pa181544slkp_

5)
Pa181555slkp_

6)
Pa181557slkp_

7)
Pa181559slkp_

霧は急速に消えていきます。
8)
Pa181561slkp_

9)
Pa181563slkp_

10)
Pa181564slkp_

11)
Pa181565slkp_

12)
Pa181571slkp_

13)
Pa181575slkp_

一番最後まで残った霧です。
14)
Pa181581slkp_

この後は龍宮小屋から山の鼻へ写真を撮りながら歩きます。

つづく

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

晩秋の尾瀬ヶ原-3(20万アクセス達成記念)

龍宮小屋はいつも相部屋になるのですが、今回は4人で一部屋確保出来、気兼ねなくおしゃべりが出来ました。
暗くなったら雨が降りはじめたのですが9時の消灯の頃には止んでいたので明日は待望の霧が出そうだねと話しながら就寝しました。

朝5時に起きて窓を開けてみると一面の霧でした。
すぐカメラの準備と防寒対策をしてまだ暗い霧の中を出かけました。

水芭蕉撮影ポイントの大堀川の所まで行くつもりでしたが、先に進むにつれて木道に霜がびっしり下りていて滑って進めません。
仕方なく木道が左右に分かれて回遊道のある所まで戻ってそこで撮影する事にしました。
今回は全て5Dmk2+EF17-40mmF4Lです。
気に入った写真があったら是非クリックして拡大してご覧下さい。

かすかに木々と山が見えてきました。
1)
Img_0719slkp_

霧の中太陽が昇ってきました。
2)
Img_0725slkp_

かすかに燧ヶ岳も見えてきた時タイミング良く登山者が歩いて来ました。
3)
Img_0744slkp_

朝日が湿原に差し込むと霧が少しづつ晴れてきました。
至仏山も見えてきました。
4)
Img_0747slkp2_

4)の写真の中央から少し右側に霧の濃い所があるのでなんだろうと思ってよく見たら何と白虹が現れていました。
白虹は写真では見たことが有りますがこんな風にして出現するとは知らなかったので初めは気がつきませんでした。
5)
Img_0749slkp_

霧は一瞬一瞬の変化を見せながら次第に晴れていきます。
四方八方の変化を撮るのに忙しくなりました。
お互いが邪魔にならない様に連携して撮影場所を変えます。
6)
Img_0756_1_

7)
Img_0757_1_

8)
Img_0761_1_

9)
Img_0762_1_

10)
Img_0766_1_

11)
Img_0769slkp_

12)
Img_0774_1_

13)
Img_0775_1_

14)
Img_0780_1_

15)
Img_0787_1_

16)
Img_0800slkp_

朝食をすまして出発する登山者も多くなってきました。
17)
Img_0803_1_


霧がすっかり晴れるまで夢中で撮っていたら7時45分を過ぎていました。
6時からの朝食が未だ残っているかどうか心配になってきましたがちゃんと用意してありました。
満足感にひたりながら朝の食事をとりました。

後は尾瀬ヶ原を撮りながら山の鼻迄歩きそして鳩待峠へのきつい登りが待っています。

つづく

| | コメント (0)