カワセミ

2014年2月22日 (土)

洗足池、冬に見かけた野鳥

洗足池で見られる冬の野鳥はほとんど水鳥ですが、かっては水鳥以外にも色々な野鳥が渡りの途中で滞在するため、見ることが出来ました。

洗足池公園の大木がこまめに剪定されたり、水草や茂みを刈られるようになって野鳥が来なくなってしまいました。

水鳥で代表的なのはキンクロハジロとオナガカモです。

キンクロハジロは見た目ひょうきんな感じの鳥です。

1)

P1233197_

E-P5 + MZD75-300mmⅡにて撮影

オナガカモの雄は貴公子のような感じがします。

手前が雄で向こう側が雌です。

2)

P1233199acd_

今年はバンが1羽だけ紛れ込んでいます。

嘴から額にかけて赤いのが特徴です。

同じ所が白いのはオオバンです。

オオバンはここ2,3年見かけていません。

3)

P1263232slk5_

ハクセキレイは年中いますが、池から離れた町中の道路にいるのを見かけることも有ります。

4)

P1263252slk5_

シジュウカラも年中いますが、ちょこまかしてなかなか撮れません。

5)

P1263265slk5_

一番人気のあるのは何と言ってもカワセミです。

今年来ているのは未だ若い雄のカワセミで魚獲るのがあまり上手くないようです。

6)

P1263296slk5_

7)

P1293384slk5_

8)

ようやく魚が穫れました。

P2213502slk5_

E-P5 + パナライカ14-150mm にて撮影

ゴイサギとホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)も時々見かけます。

このホシゴイはもうかなり成長しているように見えます。

9)

P1293427acd_

E-P5 + MZD75-300mmⅡにて撮影

鷺の仲間はコサギ、チュウサギ、アオサギを見かけますが、ここのコサギは

人慣れしていて近づいても逃げません。

この時は犬がコサギに向かって何度も吠えましたが全く無視していました。

10)

P2213547slk5_

E-P5 + パナライカ14-150mm にて撮影

近づいても逃げないので夕焼けを背景にシルエットにして撮ってみました。

11)

P1319941acd_

E-M5 + LUMIX VARIO12-35mmF2.8にて撮影

今季初めて紅梅の木の向こうに一瞬だけ見かけたジョウビタキのです。

12)

P1263225slk5_

E-P5 + MZD75-300mmⅡにて撮影

最後はこのところ夕方になるとかなりの数の群れで集まってくるワカケホンセイインコです。

このインコは籠抜け鳥といって人に飼われていたものが野生化した鳥です。

繁殖力が強く年ごとに群れが大きくなっているようです。

13)

P2213580acd_

E-P5 + パナライカ14-150mm にて撮影

その他に今見かける鳥はカルガモ、カワウ、マガモ、スズメ、ハト、ヒヨドリ

ムクドリ、メジロ、カラスといったところです。

| | コメント (2)

2013年1月30日 (水)

洗足池の野鳥

今年になってからジョウビタキの♂が来ているということを知り、他の野鳥も合わせて色々撮ってみました。

OM-D E-M5用の鳥撮りにふさわしいレンズはまだ持っていないので、大きくトリミングしていますのでそれなりの写りですが、こんな野鳥がいるということで載せてみました。

初めにVARIO35-100mmF2.8(70-200mm相当)で撮ったものから

1)今来ている鴨の中からオナガカモです。

P1205740slk5_

2)ユリカモメは毎年たくさんやって来ます。

P1205741slk5__2

3)ほとんどの杭の上を占領してしまいます。

P1205747slk5_

4)ジョウビタキの♂は2年ぶりにやって来ました。

P1215780slk5_

MZD75mmF1.8(150mm相当)を使ってみました。

5)

P1245811slk5_

6)カワセミも来ていますがなかなか出会えません。

P1245897slk5_

もっと望遠が欲しいということで今度は4/3用のZD70-300mm(140-600mm相当)をつけて出かけました。

焦点距離は十分ですがアダプターをつけるのでAFが遅いので野鳥には苦労します。

7)メジロが同じ所に止まっていてくれたので何とか撮れました。さすがにトリミングなしです。

P1255909slk5_

8)洗足池では見かけなくて一度も撮ったことのないヤマガラが来たのには驚きました。

P1255916slk5_

9)そしてアオジもちょこちょこと出て来ましたがSSが上がらずブレてしまいました。

P1255917slk5_

10)ヒヨドリも撮ってくれと目の前に出て来ました。(笑)

P1255925slk5_

11)池の方に戻ってキンクロハジロを撮りました。

P1255928slk5_

12)カワウも撮っておきたいと狙っていたらなんと緋鯉を咥えて浮き上がってきました。

その一部始終です。

Photo

13)上の7番目のアップです。

P1255951slk5_

昨日今度はやはり4/3用のパナライカ14-150mm(28-300mm相当)にアダプターつけて出かけました。こちらの方がAFはいくらか速いので使いやすいです。

14)ツグミです。

P1285966slk5_

15)シジュウカラの飛び立ったところですが幽霊みたいに撮れました。

P1296005slk5_

16)ジョウビタキは待っていると必ず出てくれます。

P1296031slk5_

17)最後はムクドリです。

P1296039slk5_

18)

P1296045slk5_

これで今洗足池公園で見かける野鳥はカラス、ハト、スズメ、カルガモを除いてほとんど網羅したのかなと思います。

| | コメント (5)

2011年2月28日 (月)

雪降る洗足池

2月11日東京は今季初めての本格的な雪が降りました。

これはいい写真が撮れるかもしれないと寒いけれど思い切って撮影に出かけました。

カメラは雨や雪に強いE-5にパナライカのLEICA D VARIO-ELMAR14-150mm(これは防塵防滴ではないらしい)を付けての撮影です。

雪の降っているのが見える様に背景を選んで撮ってみました。

1)

P2110414slk5_

思ったほど雪が写らないので、チョットがっかりでした。

下方に目をやるとキンクロハジロの背中に雪が少し乗っていました。

2)

P2110418slk5_

弁天島の松の下の方にカワウが雪見をしていました。

3)

P2110441slk5_

カワウももう随分前からここにじっとしていました。

4)

P2110443slk5_

松にチュウサギがひっそりと止まっているのを見つけました。

後で1)の写真を見るとカワウがいるのは分かっていましたが、チュウサギもチャンと写っていました。

5)

P2110457slk5_

少し雪の降り方が激しくなった様です。

6)

P2110466slk52_

オナガカモもじっと寒さに耐えている様です。

7)

P2110474slk5_

雪降る弁天島3景です。

8)

P2110478slk52_

9)

P2110480slk52_

10)

P2110481slk52_

雪降る池月橋2景です。

11)

P2110507slk5_

12)

P2110511slk52_

そろそろ帰ろうと思ったその時キィッキィッと鳴き声がしてカワセミが飛んできてくれました。

雪カワセミが撮れればいいなとは思っていたのですが、まさか本当に撮れるとはラッキーでした。

13)

P2110518slk5_

しかも雪の降りは最高に激しくなって信じられない程雪が写ってくれました。

14)

P2110524slk53pse_

カワセミは暫く止まっていましたがこの降りでは魚が見つけられなかったらしく飛んで行ってしまいました。

こんな激しく雪の降る中でカワセミ出会う事はもう二度と無いかもしれません。

雪の中思い切って撮影に出かけて本当に良かったと思った瞬間でした。 

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

洗足池の野鳥

今年になって撮った野鳥を久し振りにアップします。

先ずE-620+パナライカ14-150mmで撮ったものから。

獲物を探すアオサギです

1)

P1061101slkp_

ゴイサギが久し振りに来ていました。

2)

P1061122slkp_

3)

P1061128slkp_

朝日の煌きの中を泳ぐオナガカモです。

4)

P1071190_1_

ハクセキレイです。

5)

P1071229slkp_

ほぼ一年振りにカワセミが撮り易い場所に来る様になったので、

D700+AF-S300mmF4+テレコン1.4倍+一脚で撮りにいきました。

2時間も空振りばかりでしたが、最後に漸く撮れました。

飛び込んで水中にいる段階からの5枚です(この間8秒です)。

6)

Dsc_6736slkp_

7)

Dsc_6737slkppse_

8)

Dsc_6738slkppse_

9)

Dsc_6742slkp_

10)

Dsc_6745_2_

同じ場所でコサギも小魚を狙っていました。

11)

Dsc_6711slkp_

何とすぐ近くにジョウビタキも来てくれました。

12)

Dsc_6639slkppse_

13)

Dsc_6657slkp_

その他にシロハラ、アカハラ、ツグミ、アオジなども来ている様ですが未だ撮れていません。 

| | コメント (7)

2009年12月21日 (月)

福宮さんの撮ったカワセミ第2弾

福宮さんから前回の皆さんから頂いたコメントに対しコメントを頂きましたが、記事として掲載致します。

六本木の侍(福宮さんのHN)より

「OM1さんのご協力を戴き、作品を掲載して頂きましたfukumiyaです。
写真撮影の知識があまり無いままいきなりのF4/500mmからのスタート、今思えば無謀極まりないと
自分自身驚いています。
しかし自分自身これまで色々経験した中、どれも最初があってハードルを乗り越えていかなければ次は無いという事を自負していたのかも知れません。
これらの作品は写真を始めて二年足らずの作品です。
鳥撮りの師匠始め仲間のご指導、ご鞭撻の成果だと思っています。
私の今現在はOM1さんと風景写真の撮影にご一緒させて頂き、ご指導いただいたり技術を盗んだり抜け目の無い生活中、日々勉強しています。
それと当ブログにリンクされている方々の作品からもパワーを戴いております。
もう一つこの場をお借りして、pokoパパさんご無沙汰です。
先日は洗足池でのワンポイントアドバイスを戴き有難う御座いました。
今度お会いしたら聞きたいことなどがありますので宜しくお願いいたします。

最後に今回の作品をご覧戴いた方、コメント戴いた方々と
OM1さんに深く感謝をしております。皆さん有難う御座いました。」

また今回カワセミの第2弾を載せるに当たって
「カワちゃん(小鳥)の撮影に一番神経を使ったのは飛び物では無く止まり物の
鳥の解像度と表現を写し出す事に未熟ながら専念しながらシャッターを押していました」
とのコメントを頂きました。

その福宮さんが今は鳥ではなく風景を主に撮る様になったのは
鳥を撮っているだけではカメラ・写真をやっているとは言えないと思う様になったのと、鳥だけでは物足りなくなって、風景を撮りたいという思い、更に広角が使えるようになりたいと言う思いがつのってきたと言う事の様です。

そこで私のブログを見て風景の撮り方を教えて欲しいと弟子入りと言う事になった訳です。
最初は冗談だと思ったのですが、とにかく一緒に撮影に行こうということになって昨年から小田代ヶ原に行ったり、西沢渓谷に行ったり尾瀬に行ったりしています。

持ち前の熱心さとセンスで風景でもたちまちのうちに私を追い抜いてしまった感じです。
師匠を越える弟子を持つと言う事は師匠冥利だと負け惜しみを言っていますが、
PCやソフトの知識だけはまだ当分師匠の立場は確保出来るのでは無いかと思っています。(笑)

前置きはさておきどんな順番で写真を掲載しようか迷いましたが、
前回と同じくダイビング、止まり物、ホバの順番にしました。
カメラ・レンズはほとんど1DmkⅡN、EF500mmF4です。
1)
Pl0z0566_

2)
Pl0z0753_

3)
Pl0z5666_

4)
Pl0z0209_

5)
Pl0z0663_

6)
Pl0z3958_

7)
Pl0z5006_

8)
_l0z6439_

9)
Pl0z0717_

10)
Pl0z0963_

11)
Pl0z9153_

12)
Pl0z6567_

13)
Pl0z6570_

14)
Pl0z6628_

15)
Pl0z7028_

16)
Pl0z7112_

17)
Pl0z7115_

18)
Pl0z7866_

19)
Pl0z7871_

おまけです。
20)
Pl0z4509_

21)
Pl0z7532_

22)
Pl0z7616_

お疲れさまでした。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

福宮さんの撮った鳥(カワセミ編)

福宮さんの撮影した写真の真打ち登場です。

私が4、5年かかっても撮れなくて諦めかかっている写真をいとも簡単に2、3年で最高レベルでものにされています。
一度目標を決めるとそれに向かっての情熱のかけ方が(お金も)違います。
最初30D+EF100-400mmで初めて、すぐに1Dmk2N+EF500mmF4ISに切り換え三脚・雲台もそれに見合うものにされています。

前置きでぐだぐだ書くよりもその写真を見て下さい。
1)
Pl0z0585_

2)
Pl0z5769_

こういう写真が短期間で撮れる様になったベースになるものとして福宮さんの趣味の経歴が有ります。
若い頃から60代までに熱中した趣味として、乗馬、クレイ射撃、クルーザーという事ですから凄いです。
それも単にやったと言う事ではなく極めたと言う事です。
福宮さんは大学を卒業後大手外資系コンピューター会社に勤務したあと脱サラし会社を立ち上げ大成功し今に至っています。
今年社長を後継者に譲り今は会長として少し暇になり漸く平日も写真撮りに行けると張り切っています。

止まりものもまた素晴らしいです。
3)
Pl0z1350_

モミカワです。
4)
Pl0z1756_

5)
Pl0z1835_

緑の中で
6)
Pl0z1446_

7)
Pl0z1476_

8)
Pl0z3002_

9)
Pl0z3053_

10)
Pl0z6413_

ホバリング
11)
Pl0z2489_

12)
Pl0z7096_

13)
Pl0z7867_

今福宮さんにはブログを立ち上げる事をお薦めしています。
ネット環境の改善とモニターのカラーマネージメントそしてブログの立ち上げで近々福宮宅に又お伺いすると言う事になっています。


| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

秋色の洗足池

洗足池も大分色づいて来たので撮りに出かけました。

E-P1とパナライカ14-150mmとZD70-300mmの28mm-600mm相当何でも撮れる軽量システムです。

最初に目についたのが蒲の穂です。
今の時期になるとソーセージの様な穂から綿毛が出て風に乗って飛んでいきます。
蒲団(ふとん)と言う字は昔この綿毛をふとんに使ったので蒲の字が使われているそうです。
綿毛の飛ぶ瞬間を狙って撮ってみました。

E-P1+VE14-150mm
1)
Pb211935slkp_

カワセミが来ていなさそうだったのでユリカモメを撮りました。
2)
Pb211952slkp_

今の時期杭の上はユリカモメが占領していてカワセミは完全に杭の上からは追い出されました。
でもユリカモメも追い出せない鳥がいますカワウです。
3)
Pb211957slkp_

次の瞬間池中のユリカモメ、ハトが一斉に飛び立ちました。
オオタカが来たのです。
平和そうに見える公園でもやはり野生の厳しさはあるのです。
スズメもさっと藪の中に避難します。
どうして全部がほぼ同時に飛び立てるのか不思議です。
その中でカワウだけは全く動じませんでした。

4)
Pb211958slkp_

紅葉を求めて弁天島に行ってみました。
そこにいた鳥撮りの仲間がオオタカがこの上を飛んでいたけど撮れなかったと言っていました。

5)
Pb211959slkp_

池の上に柿の木が突き出して柿の実だけが残っていました。
6)
Pb211969slkp_

メジロが来ました。
7)
Pb211971slkp_

レンズをZD70-300mmに取り替えている間にメジロは飛び去ってしまい、今度はスズメが来ました。
8)
Pb211977slkp_

弁天様の鳥居と紅葉をからめて見ました。
9)
Pb211981slkp_

池月橋の方に行ったらカワセミが木の中にいました。
後で写真見たらどういう訳か目が瞬膜になっているようでした。
水中では瞬膜になるのですが、これはまばたきした瞬間でしょうか。
10)
Pb211991slkp_

11)
Pb212004slkp_

12)
Pb212007slkp_

この後飛び去って見失ってしまいました。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

E-P1+サンヨンでカワセミ

今日は朝から天気もよく絶好の撮影日よりとなりました。
1時間ほど撮影に行く時間がとれたので、カワセミがいる前提で、E-P1にAF-S300mmF4+TC-14E2を付け三脚持参で出かけました。

幸運なことにカワセミが既に来ていました。
早速三脚をセッティングしカメラとレンズを固定して液晶画面の中にカワセミを捉えます。
拡大してマニュアルでピントを合わせます。
カワセミが丁度画面一杯になりました。
カワセミの動きがよく観察出来ます、これこそがE-P1で私がもくろんでいた状態です。

初めは遠くの杭の上にいました。
このカワセミはボートがかなり近くまで来ても平気です。
1)
Pa041085slkp_

2)
Pa041091slkp_

暫くしたらいつもの杭の上に来ました。
これより後は1219万画素を675万画素にトリミングしています。
3)
Pa041105slkp_

飛翔は最初から諦めているので魚を獲った後を狙いました。
一回目の魚を獲りました。
4)
Pa041115slkp_

少し風が出て水面の模様が変わり、カワセミの産毛が風になびきます。
5)
Pa041122slkp_

2回目の魚を獲りました。1回目の5分後でした。
6)
Pa041126slkp_

2回目から9分後3回目の魚を獲りました。
これでお腹が一杯になったのか飛んで行ってしまいました。
7)
Pa041140slkp_

隣ではパナソニックのGF1に500mmのミラーレンズを付けて撮っている方がいました。
偶然同じような事を考えている人がいて面白いなと思いました。
その方はやはりファインダーのつくGF1の方がいいと思ってこちらにしたと言っていました。

ご夫婦で散歩に来られた方に液晶に写っているカワセミを見せてあげたら感動して、今日洗足池に来て良かったと何度もお礼を言って帰られました。

最後にクリックした時等倍になる様にトリミングしたものを乗せます。
元のレンズの絞りf5.6(テレコン換算f8)、SS1/800秒、ISO800です。
まだ鮮明度が物足りないですね。
ISOが800になってしまったので、次回はISO200固定でSSを下げて撮ってみようと思います。
8)
Pa041119slkph


| | コメント (3)

2009年2月10日 (火)

野鳥(15万アクセス突破記念)

皆様のお蔭でいつのまにか気がついたら15万アクセスを突破していました。

べったべっただんだん(毎度毎度ありがとうございます)。

そこで記念に最近撮った野鳥を載せたいと思います。

全てD700+サンヨン+TC-14E2手持ちで撮ったものです。

1)
最初は雀です。
野鳥が見つからない時は雀を撮るのですがこれが意外と難しいですが、これは今まででも最高に撮れたと思います。(ノートリです)
是非写真の上でクリックして拡大して見て下さい。
戻す時は写真の右上の×をクリックして下さい。

Dsc_2663slkp_

2)
ハクセキレイです。
これもノートリです。
待っていたらこんな近くまで来てくれました。

Dsc_2645slkp_


3)
アオジです。
この場所には待っていれば必ず来るようです。
少しトリミングしています。

Dsc_2672slkp_


4)
ツグミです。
これもノートリです。
ツグミも最近普通に見かけるようになりました。

Dsc_2695slkp_

5)
今年初めてコゲラが撮れました。
これも同じ場所から撮れる所に来ました。
さすがにノートリという訳には行きませんでした。

Dsc_2714slkp_


6)
シジュウカラはいつもいますがこれもチョコマカして写すのは難しいです。
チョットだけトリミングしています。

Dsc_2749slkp_


7)
なんとカワセミの止まっている向こうにジョウビタキの雌が顕れました。
今年はもう来ないのかと諦めかけていたので嬉しかったです。
周りのカメラマンのレンズは全てカワセミに向いていましたが私のレンズだけジョビ子を追っかけていました。(笑)

Dsc_2798slkp_


8)
真打ちはやはりカワセミです。
残念ながらダイビングシーンが載せられないのが悔しいですが、20万アクセス迄には何とかしたいと思います。
カワセミの写真は全て少しトリミングしています。

Dsc_2758slkp_


9)

Dsc_2774slkp_


10)

Dsc_2799slkp_


11)

Dsc_2814slkp_


12)
魚も必死にはねていますがこの後飲み込まれてしまいました。

Dsc_2816slkp_

以上全ての写真が同じ場所からの撮影です。

動いてもせいぜい5m位です。
ここに載せた他にもこの場所にいればムクドリ、ヒヨドリ、メジロ、オナガカモ、キンクロハジロが撮れます。
次回はジョビ子のいいショットを狙いたいと思っています。


| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

鳥撮り2

毎月2、3回野村證券自由が丘支店の無料投資セミナーに出席していますが、この時がカメラ屋さんに行ける数少ないチャンス(自由時間)です。
とはいっても行けるのはヤマダ電機の自由が丘店(今改装中で休み)、大井町店、三宝カメラ位です。

16日(金)にセミナーの帰り三宝カメラに直行しTC-14E2を買ってきました。

17日(土)は朝から植木屋さんが入っていましたが、采配は全て家内がやるので、私は2時半頃から鳥撮りに出かけました。

フィールドに着くと大砲を構えた鳥撮りの人たちは雑談中、どうもカワセミ祭りは終わった感じでした。
この人たちは遠征が多いのでここに集まったのは久し振りで、ヤマセミの写真を見せて貰ったり楽しい話を聞かせて貰いました。

どうもカワセミは来そうも無かったので、他の鳥でTC-14E2の試写をする事にしました。

1)
先ずはハクセキレイです。
全てD700+サンヨン+TC-14E2で撮っています。
Dsc_2520slkp_


2)

Dsc_2525slkp_

3)
ムクドリの群れに混じってツグミがいました。
今季初めてのツグミです。
Dsc_2530slkp_


4)

Dsc_2556slkp_

5)
ムクドリも一応撮っておきました、そんな気持ちだったので甘いピントになっていました。
Dsc_2551slkp_

6)
シジュウカラです。
Dsc_2540slkp_


7)

Dsc_2544slkp_

8)
もう皆帰って私も帰ろうとした時ようやくカワセミが来ました。
Dsc_2559slkp_

9)
ISO6400になったのでSILKYPIXではノイズ処理がうまくなくNX2で現像しました。
Dsc_2578nx2_

10)
一番近くに止まったものです。
ISOは4500 NX2ビビットで現像したものです。
Dsc_2582nx2_

11)
同じ写真をSILKYPIX(Pro)記憶色1で現像したものです。
Dsc_2582slkp_


ダイビングシーンは3回ほどチャンスが有りましたがタイミングが合わず惨敗でした。(笑)
慣れてくればタイミングは合ってくるのですが、更にピントが合う様になるまでまだまだ先は長い感じです。

サンヨン+TC-14E2は画角的には丁度いいので当面サンヨンにはTC-14E2を付けっぱなしにします。
テレプラス1.4倍に比べて期待ほど良くなったという感じはしません。(もうチョット使って見ないと分かりませんが)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧