カメラ

2012年6月 2日 (土)

野川公園

先日家内が近所のお友達3人を呼んでおしゃべり会をするというので、私は仏様の命日が近い多磨霊園にお墓参りに行きました。
たまに行くので毎度のことながら草取りに1時間かかってしまいました。

6時まで帰ってくるなということだったので歩いて野川公園に行ってみたのはいいけど4時半を過ぎていて自然観察園にはもう入れず、仕方ないので野川の川岸で被写体を探すことにしました。

もちろんカメラはE-M5で レンズは3本持っていったのですが使ったのは結局MZD45mmF1.8だけでした。

野川は子供の頃遊んだふるさとの小川を思い出させてくれて懐かしく感じます。

1)

P5260001olv2_

ざっと見たところ被写体になりそうなのはアカツメクサとキショウブでした。

2)

キショウブを背景にしてアカツメクサです。

P5260007olv2_

3)

キショウブは盛りを過ぎてあまり綺麗な花はなさそうな感じでした。

P5260009olv_

4)

アカツメクサは今が旬という感じで選り取りみどりでした。

アートフィルター「リーニュクレール」を使ってみました。

P5260011olv2_

5)

綺麗なキショウブがなんとか見つかりました。

P5260012_

7)

ヘビイチゴを見つけました。

P5260023slk5_

8)

印象的な草があったので「デイドリーム」で撮ってみました。

P5260021olv_

9)
黄色のかなり大きい花を見つけました。花の名前は分かりません。

P5260028olv_

10)

こちらはハルジオンだと思います。未だにヒメジョンとの区別が分かりません。(笑)

P5260031olvpse_


11)

ワンちゃんが川を渡っているのを見つけました。

両岸に飼い主さんがいて渡らせて遊んで(?)いました。

P5260018slk5_

色々夢中で撮っていたら5時半近くになったのでここからはバスで調布駅に出て帰りました。

前回は三鷹駅に出たのですがよく見たら調布駅行きもありこちらの方がJRを使わないので電車賃が安くなります。

家に着いたのは6時半頃でお友達は6時前に帰ったとのことでした。

この日は京王線多磨霊園駅から歩いて多磨霊園に行き、墓参後歩いて野川公園に行ったので歩数は13,000歩にもなっていました。

| | コメント (0)

2012年6月 1日 (金)

OM-D初撮りー多摩川台公園

OM-D E-M5の初撮り場所として多摩川台公園を選びました。

レンズは手持ちの中で一番気に入っているMZD45mmF1.8です。

1時間ちょっとの間に自由が丘から多摩川台公園に行ってまた自由が丘に戻らなくてはいけないので大忙しで45枚ほど撮ってきました。

多摩川台公園にはあじさい園と四季の野草園、水生植物園があります。

紫陽花はまだ蕾状態で四季の野草園もあまり花が無く水生植物園に行ってみました。

ここもカキツバタはとっくに終わっていて何もないかなと思ったら、一番奥に睡蓮が咲いていました。

1)

赤い睡蓮です。

P5250021slk5_

2)

白い睡蓮です。

P5250024slk5__2

3)

反対側からも撮りました。

P5250028slk5_

4)

コウホネも咲いていて尾瀬が懐かしくなりました。

P5250031slk5_

5)

野草園に戻ってよく見るとこんな花が咲いていました。

P5250035_

6)

この花は沢山咲いていました。

P5250039slk5_

7)

シランはもう終わりのひと咲きという感じでした。

P5250047slk5_

ここで時間切れとなり急いで駅に引き返しました。

ここまですべてE-M5の液晶モニターを見ての撮影でファインダーのあることすら忘れていました。(笑)

でもローアングルでのチルト出来る液晶は撮影が大変楽になりました。

家に帰ってからパソコンで見てE-M5での写りは、E-P3との画素数の差による解像感の良さがなんとなく分かるかなという程度でしかまだ実感していません。

ISO200での花という被写体ではそんなものかなと思いました。

| | コメント (0)

2011年8月10日 (水)

六郷用水遊歩道

初めてE-P3レンズキットで撮影してきました。

例によって証券会社のセミナーの後、またまた多摩川駅に行き今回は六郷用水遊歩道に行ってみました。

この辺にあると言うのは知っていましたが下調べもしないで行ったので、多摩川沿いに下流の方に歩けば見つかるだろうと思っていましたが、余りにも近くてもう少しで通り過ぎる所でした。

遊歩道の始まりは大田区最古のトンネル(中原街道の下)からでした。

1)

P8020210olv_

六郷用水は、代官小泉治大夫が慶長2年(1597年)に開さくを始め、十余年を経て完成した農業用の用水堀だそうです。

狛江市から大田区の六郷までの用水路だったらしいのですが、宅地開発でほとんどは埋め立てられたり下水道になったりしてしまったのですが、一部の区間復元されて遊歩道となっています。

水路には鯉が沢山いました。

2)

P8020156olv_

東京の名湧水57選にも選ばれている湧き水も有りました。

3)

P8020158_

散歩道としてこのあたりの人々に親しまれている様でした。

4)

P8020170olv_

なかなか風情の有る場所もありました。

5)

P8020194olv_

6)

P8020197olv_

この遊歩道の終点には水車が有りました。

6)

P8020177olv_

ジャバラと言うのだそうです。

7)

P8020180_

最後はE-P3の新しいアートフィルターのエフェクト付きのドラマチックトーンで仕上げてみました。

8)

P8020189olv_

多摩川駅は多摩川台公園、玉川せせらぎ公園、浅間神社、そしてこの六郷用水遊歩道と近くに撮影場所が豊富でこれからも時々行く事になりそうです。       

| | コメント (6)

2011年2月 1日 (火)

九品仏で有名な浄真寺

前回チョット触れましたが、E-620を下取りに出しE-5をゲットしました。

今回は初めてカメラのキタムラ二子玉川店を在庫が有ったので利用しました。

下取り査定に30分程かかると言うのでその間にE-5用電池の充電をさせて貰いました。

そして初撮りとして帰り道九品仏駅で途中下車して向かったのは浄真寺です。

記念すべき一枚目は仁王門です。

レンズはパナライカ14-150mmです。

1)

P1280001slkppse_

この仁王門は寛政5年(1793年)に建立され紫雲楼とも呼ばれているそうです。

2)

P1280002slkppse_

なかなかの描写で一遍にこのカメラが気に入りました。

この仁王門には木彫りの彫刻が有りますが、薄暗かったのですが撮ってみました。

3)

P1280026_

液晶モニターで確認したら、オートのISOが1600になって肉眼で見るよりも明るく、そして木の質感の描写が素晴らしく、次々と撮ってしまいました。

4)

P1280027_

5)

P1280028_

6)

P1280033_

7)

P1280031_

帰ってからこの彫刻についてネットで調べてみましたが特に説明はありませんでした。

奥の方に有るお地蔵さんには真新しい帽子と涎掛けがかけてあり、その赤が目に染みました。

8)

P1280007slkp_

今回はお墓の方まで行ってみました。

かなり広い墓地ですが綺麗に清掃されていて、手桶なども整理整頓が見事で気持ちのいいお寺でした。

9)

P1280011slkp_

最後に本堂の一部と緑豊かな大木と青空を撮ってみました。

10)

P1280024slkp_

帰りの電車から赤い夕日が見えたので、あわてて洗足池の何時もの撮影ポイントに駆けつけましたが、既に終わっていました。

11)

P1280035slkp_

E-5の売りの一つドラマチックトーンで現像してみました。

12)

P1280035olv_

これは面白そうですね。

ストラップも付ける暇も無く取り敢えずの初撮りでしたが、素晴らしいカメラに出会った予感を感じまくる至福の時でした。   

    

   

| | コメント (2)

2010年2月11日 (木)

鎌倉稲村ヶ崎(E-620判)

2月6日いつも尾瀬に行く4人で鎌倉に行ってきました。
鎌倉駅から鶴岡八幡、鎌倉宮、瑞泉寺、杉本寺、寿福寺とまわり、稲村ヶ崎で夕日を撮影して帰りました。
この日の稲村ヶ崎は冷たい海風が強く三脚が倒れるのではないかと思うくらいでした。
その中3時半から日没まで頑張ったため風邪をひいてしまいました。
風邪といっても鼻風邪で熱も37度でたいしたことはないのですが、歳のせいか治るのが遅い感じです。

お寺巡りの写真は後にして稲村ヶ崎の写真から載せます。

今回カメラは5Dmk2+EF17-40mmとE-620+パナライカVE14-150mm+オリンパスZD70-300mmでフルサイズ換算17mmから600mmまでカバーしています。
E-620はブログ初登場です。

稲村ヶ崎と言えばサーフィンでしょうか。
そのサーファーを狙いました。
レンズはVE14-150mmです。
1)
P2060250slkp_

2)
犬を連れてきている人がいました。
P2060266slkp_

3)
P2060268slkp_

今日の富士山は霞んで雲がかかっています。
4)
P2060272slkp_

砂浜には色々な人が遊びに来ます。
その中で一番絵になる父娘でした。
5)
レンズをZD70-300mmに変えました。
P2060285slkp_

6)
P2060287slkp_

この男の子も大活躍(5Dmk2版で)してくれました。
7)
P2060305slkp_

いよいよ太陽が沈んで来ました。
8)
P2060313slkp_

9)
そして完全に沈んで行きました。
P2060320slkp_

富士山の向こうの空が赤く染まり始めこれからが本番です。
10)
P2060331slkp_

レンズをVE14-150mmに変えました。
11)
江ノ島、富士山、海、夕景の定番写真です。
シャッタースピード(SS)は8秒です。
P2060336slkp_

12)
SSは10秒です。
P2060338slkp_

13)
P2060339slkp_

14)
目一杯広角にしました。
P2060341slkp_

15)
富士山の向こうの空が最高に赤くなりました。
P2060343slkp_

16)
P2060344slkp_

この時がピークでした。
身体が冷えきってしまい急いでカフェに入り好きなミルクティで身体を温めましたが、チョット遅すぎた様です。
次回はは5Dmk2版です。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

E-P1+サンヨンでカワセミ

今日は朝から天気もよく絶好の撮影日よりとなりました。
1時間ほど撮影に行く時間がとれたので、カワセミがいる前提で、E-P1にAF-S300mmF4+TC-14E2を付け三脚持参で出かけました。

幸運なことにカワセミが既に来ていました。
早速三脚をセッティングしカメラとレンズを固定して液晶画面の中にカワセミを捉えます。
拡大してマニュアルでピントを合わせます。
カワセミが丁度画面一杯になりました。
カワセミの動きがよく観察出来ます、これこそがE-P1で私がもくろんでいた状態です。

初めは遠くの杭の上にいました。
このカワセミはボートがかなり近くまで来ても平気です。
1)
Pa041085slkp_

2)
Pa041091slkp_

暫くしたらいつもの杭の上に来ました。
これより後は1219万画素を675万画素にトリミングしています。
3)
Pa041105slkp_

飛翔は最初から諦めているので魚を獲った後を狙いました。
一回目の魚を獲りました。
4)
Pa041115slkp_

少し風が出て水面の模様が変わり、カワセミの産毛が風になびきます。
5)
Pa041122slkp_

2回目の魚を獲りました。1回目の5分後でした。
6)
Pa041126slkp_

2回目から9分後3回目の魚を獲りました。
これでお腹が一杯になったのか飛んで行ってしまいました。
7)
Pa041140slkp_

隣ではパナソニックのGF1に500mmのミラーレンズを付けて撮っている方がいました。
偶然同じような事を考えている人がいて面白いなと思いました。
その方はやはりファインダーのつくGF1の方がいいと思ってこちらにしたと言っていました。

ご夫婦で散歩に来られた方に液晶に写っているカワセミを見せてあげたら感動して、今日洗足池に来て良かったと何度もお礼を言って帰られました。

最後にクリックした時等倍になる様にトリミングしたものを乗せます。
元のレンズの絞りf5.6(テレコン換算f8)、SS1/800秒、ISO800です。
まだ鮮明度が物足りないですね。
ISOが800になってしまったので、次回はISO200固定でSSを下げて撮ってみようと思います。
8)
Pa041119slkph


| | コメント (3)

2009年9月21日 (月)

E-P1にサンヨンのテスト

E-P1にサンヨンを付けて撮ってみたいと思っていますが、実践での機会がなく、部屋の中から遠くの(1Km?)マンションを撮って見ました。

E-P1にAF-S300mmF4+TC-14E2を付けて、三脚はベルボンのエルカマ645に乗せ、拡大ライブビューでピントを合わせセルフタイマーでシャッターを切りました。
全く同じ条件でD700についても撮ってみました。
D700の場合ライブビューでそのままシャッター切るとブレるのでピント合わせだけライブビューで通常に戻してからシャッターを切りました。

先ずはオリジナルの画像です。

E-P1+AF-S300mmF4+TC-14E2です。

1)
P9210815_

D700+AF-S300mmF4+TC-14E2です。
2)
Dsc_4820_

それぞれの画像を横1280ピクセルにトリミングしたものです。
赤い非常通報機の下のTOSHIBAという文字にピントを合わせています。
E-P1
3)
P9210815t

D700
4)
Dsc_4820t

更に拡大してみました。
4-2)
Dsc_4820t2

E-P1の840mm相当とD700の420mmではやはり違いますね。
テストする前はあまり違わないのではないかと心配していました。
違わなかったらE-P1でデジスコのように鳥を撮ろうと言うもくろみがパーになってしまいます。

別の日ですがE-P1に旧サンヨンAF ED300mmF4+ケンコーデジタルテレプラスPro300 1.4倍を付けても撮ってみました。
5)
P9170787t

なかなか健闘しています。

更にトキナー80-400mmも付けて見ました。
6)
P9170802t

2段絞ってこの程度です。
それでもD700よりいいので小型だし使い道がありそうです。

今回テストしてみて今の三脚と雲台ではブレ対策が完璧で無い様に思いました。
E-P1で拡大表示しているとカメラにチョット触るだけで画面がブルブル動いていました。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

E-P1試写

オリンパスのE-P1は発表された時から欲しいカメラでした。
オリンパスペンは私が高校時代に発売され、これなら小遣いを貯めれば買えると思い、実際に買ったのは2、3年後にペンD2を購入しました。

でもあまり使わないうちにどうしても一眼レフが欲しくなり、当時一番安く買えた一眼レフペトリペンタというのを買ってそれからがカメラ遍歴の始まりでした。
ペンタックスSB、ミノルタオートコード、ゼンザブロニカ等も全て中古ですが遍歴し、オリンパスはペンFTも使い、最終的にOM-1を新品で買って遍歴が一時中断しました。
そんな訳でオリンパスには思い入れが有り、ペンという名称を使った今度のE-P1は私にとって買うのは必然でした。

E-P1の発売前はオリンパスのショールームに触りに行ったり、発売後は量販店でパナソニックのG1と比べてみたりしていましたが、機能に対して価格が高過ぎるのは明らかなので様子見としていました。

しかし価格コムのE-P1掲示板等を見ているうちにどうせ買うのなら早く買って早く楽しんだ方がいいと思い買ってしまったのです。

今OMレンズとニッコールレンズ用のマウントアダプターを注文しています。

私が買ったのは14-42mmのズームレンズとのキットです。

1)
洗足池が光っていました。Jpeg撮って出しです。

P7240023_

2)
夏になると花はミソハギだけです。Jpeg撮って出しです。

P7240031_

5D2の動画は未だに使った事がありませんが、E-P1の動画は撮ってみたくなりました。
どの位のファイル容量になるのか全然分からず早めに終了しましたので中途半端になりました。


どうやってブログに貼るのか分からず試行錯誤でYouTubeにアップするのからはじめ漸く貼る事が出来ました。

そのうちもっと見て面白い動画に挑戦して載せたいと思います。

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

5DMark2とD700

在庫から5DMark2とD700を撮り比べて見たものを載せたいと思います。

5DMark2にはEF17-40mmF4L、D700にはタムロン28-75mmF2.8のレンズを付けています。

焦点距離は29mmと28mm絞りは両方ともF8です。

レンズが違うのでカメラの比較にならない面も有りますのでもちろん参考程度です。

1)
5DMark2です。

5dimg_0083slkp_

2)
次にD700です。

D700dsc_2823slkp_


3)
5DMark2等倍画像(クリックして拡大した時)

5dimg_0083slkpt2


4)
D700等倍

D700dsc_2823slkpt


5)
5DMark2
D700等倍と同じ構図となるようにトリミングしたものです。

5dimg_0083slkpt_


この比較で差がでないと5DMark2を買った意味がない訳ですが、等倍で見た時にやはり解像感では差が出ていて納得しました。

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

庭の梅(5Dmk2、D700競演)

庭の梅が咲いているのになかなか撮る機会が無かったのですが、今日は家内が午後から3時間ばかり出かけたので、その間に急いで撮りました。

カメラは5Dmk2とD700、レンズはプラナー50mmF1.4ZFです。

三脚を使いましたが、時間も無いので初めに5Dmk2で一通り撮って次にD700で撮りました。

従って同じ構図ではないので比較の意味はあまり有りません。

5Dmk2はISO100です。風が強かったので微妙なブレはあるかもしれないです。
絞りは全てF2です。

1)

Img_0074slkp2_


2)

Img_0075slkp_


3)

Img_0076slkp_


4)

Img_0078slkp_


次にD700です。

5)

Dsc_2585slkp_


6)

Dsc_2587slkp_


7)

Dsc_2592slkp_


8)

Dsc_2596slkp_


1)と5)はほぼ構図が同じですので梅の花が同じ大きさになるようにトリミングしてみました。

5Dmk2です。

9)

Img_0074slkp2t

D700です。

10)

Dsc_2585slkpt


厳密な比較写真では無いので本当に参考程度です。

おまけは非Aiレンズのニッコール105mmF2.5を5Dmk2に付けて撮ったものです。
このレンズはブログ仲間のjinさんに頂いたものですが、非AiなのでD700には装着出来ませんが、5Dmk2にはマウントアダプターで普通のAiレンズと同じように使えます。
面白いですね。

11)

Img_0064slkp_


12)

Img_0068slkp_

銘玉といわれた古いレンズですがなかなかの写りですね。

プラナー50mmの方は全体的に被写界深度が浅く絞りはF4にすれば良かったかなと思いました。

今回のレンズはMFですが、ピントの合わせ易さは特に差は無くどちらも合わせ易いと思いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧