文化・芸術

2016年5月15日 (日)

春宵の響

5月12日(木)新しい池月橋を舞台にして恒例の「春宵の響」が開催されました。
今年は鳥居の前の舞台から花道が伸びてメタセコイアの樹間に能舞台が設置されました。
それに伴って小舟はなく、ピアノの設置もありませんでした。
1)司会は英語通訳付きでした
P5121437acd_
2)松原大田区長は洗足池は大田区の宝とあいさつされました
P5121454acd_
3)赤い照明に映える池月橋の舞台でこの演奏会のリーダー福原徹の笛
P5121469acd_
4)笛の福原百貴、お囃子の福原百之助、藤舎清穂(右)、望月太佐乃(左)
P5121479acd_
5)能舞台へとのびる花道
P5121482acd_
6)能舞台で演奏する尺八の善養寺恵介
P5121524acd_
7)能楽師小早川修の舞(今年の目玉)
P5121609acd_
8) 五条橋幻想(弁慶と牛若丸)
P5121564acd_
9)舞台を小舟から池月橋に変えて笛の福原邑佳
P5121653acd_
10)
P5121643acd_
11) 私の右の方ではCATVでのLIVE実況中継をやっていました
P5127175acd_
12)最後のご挨拶
P5121674acdjpg_
13)帰りに撮った未だライトアップ中の池月橋遠望
P5127183acd_
今年は色々趣向が変わって一段と素晴らしい演奏会でした。
「メロディーの散歩道」を動画でも撮りました。
是非クリックしてご覧ください。
 
 

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

洗足池「春宵の響」動画2

「春宵の響」の動画をもう一つ。

ラストに演奏された「千年の桜」です。
福原徹 作曲
中川俊郎 ピアノパート作曲補佐
ラストにふさわしい邦楽とピアノの見事なコラボでした。

| | コメント (2)

2015年6月22日 (月)

洗足池「春宵の響」動画

春宵の響のプログラムの中で一番親しみやすいのが「メロディの散歩道」です。

毎年誰でも知っている曲を数曲メドレーで演奏されます。
演奏が始まってから急に思いついて動画で撮ってみました。
手持ちでの素人撮影なので見苦しいところが有りますが、春宵の響を知らない方にはその雰囲気が写真より分かるかなと思います。
動画は10分ほどかかります。
来年は三脚か一脚を持って行こうと思いました。

| | コメント (2)

2015年6月21日 (日)

洗足池「春宵の響」

5月25日第21回の春宵の響が洗足池西岸「池月橋」で開催されました。

会場17時45分、開演18時30分ですが、年々観客が増え18時前には座席は一杯、立ち見席も一番前は確保出来ませんでした。
1)
P5251297acd_
2)区長選挙で再選されたばかりの松原太田区長が開会の挨拶をされました。
  毎年照明、音響、今年は司会者も日本工学院専門学校の学生さんが担当しています。
P5251305acd_
3)笛の福原徹さんと「笛福会」の皆様
P5251311acd_
4)笛の福原百貴さん
P5251314acd_
5)笛の福原邑佳さん
P5251358acd_
6)尺八の善養寺恵介さん
P5251316acd_
7)ピアノの中川俊郎さん
P5251319acd_
8)囃子の福原百之助さん
P5251325acd_
9)毎年大森六中の生徒さんからお題が出て即興演奏が有ります。
P5251334acd_
10)橋上と舟中の笛が奏でる妙なる響は幻想的です。
P5251344acd_
11)舟中の笛はぐるりと回りながら演奏されます。
P5251352acd_
12)演奏終了後に演奏者全員を代表して福原徹さんより挨拶が有りました。
P5251362acd_
邦楽界を代表する演奏者と日本の作曲界を代表する作曲家の編曲と演奏のコラボレーションを無料で拝聴出来る「春宵の響」の素晴らしさを堪能させて貰いました。
動画でも撮りましたので次にアップします。

| | コメント (0)

2015年1月29日 (木)

旅の絵展「憩Ⅶ」

友達加藤忠雄さんが7回目の水彩画個展を開かれます。

とても素敵なポルトガルやスペインの絵を展示されますので

是非ご覧ください。

Imi040_

Imi041_

私は福宮さん、大胡さんと2月6日(金)の11時過ぎに行く予定です。


| | コメント (1)

2012年10月17日 (水)

横浜洋館めぐり

もう10日以上前になりますが、10月5日尾瀬に行ったメンバーで横浜に行きました。

加藤さんの案内で一度は行ってみたいと思っていた洋館を巡りました。

洋館は家内も私も大好きで我が家も外観は洋館風にしました。

格子の窓、チムニー、ドーマなどです。

撮影はOM-D E-M5+BARIO12-35mmF2.8です。

最初はブラフ18番館の横をとおり、山手イタリア山庭園の方から外交官の家に入りました。

1)ブラフ18番館です。中学生(高校生?)が写生に来ていました。

Pa053520slk5_

2)イタリア山庭園から見た外交官の家です。

Pa053522slk5_

3)ここからはみなとみらい方面が眺められます。

Pa053530slk5_

4)外交官の家の中に入るとまず目についたのが大きなテーブルと生花と果物それに赤い傘の照明でした。

Pa053532slk5_

5)格子の窓とカーテンが印象的な応接室です。

Pa053536slk5_

6)窓の外の様子と飾ってある花や、カーテンがなんとか両方見えるように現像しました。

Pa053538slk5_

7)2階への階段とステンドグラスです。

Pa053540slk5_

8)ステンドグラスの横には大理石の少女像がありました。

Pa053541slk5_

9)2階には書斎や寝室が有り、こんなくつろぎの部屋もありました。

Pa053549slk5_

10)その部屋の窓からはこんな景色が眺められました。

外交官の住んでいた頃はどんな景色だったのでしょうか?

Pa053550slk5_

11)次にベーリック・ホールに行きました。

Pa053553slk5_

12)ここは大きな建物で、中も広々としていました。

Pa053554slk5_

13)グランドピアノの置かれたホールもありました。

ここで舞踏会や音楽会が行われたのでしょうか。

Pa053559slk5_

14)

Pa053560slk5_

この後も2,3邸回りましたが、披露するほどの面白い写真が無く割愛します。

そして次の撮影地大桟橋まで歩いて行きました。

<続く>

| | コメント (2)

2012年5月20日 (日)

春宵の響

5月16日第18回「春宵の響」が開催されました。

「春宵の響」は平成7年洗足池に池月橋が竣工したのを記念して、人間国宝寶山左衞門先生をお迎えしてスタートしました。

以来毎年池月橋を舞台にして(雨の時は大森六中体育館)横笛演奏会が行われてきました。

毎年色々な演奏家を迎えて横笛とのコラボがありますが、今年はグランドピアノが運び込まれ、横笛、尺八、小鼓、ピアノのコラボで約1000人の観客を楽しませてくれました。

私は今まで雨だったり用事があったりして撮影の機会がありませんでしたが、漸く初めて撮影することが出来ました。

撮影機材はE-5+パナライカ14-150mmとE-P3+MZD45mmF1.8を持って行きましたが、もちろんフラッシュ厳禁なのと人の後ろから撮るので、ほとんどE-P3で頭上に掲げ片手撮りとなりました。

初めに大田区長、洗足風致協会会長の挨拶があり、関係者の紹介等がありました。

1)

右端が松原大田区長です。

P5165769slk5_

2)

横笛の演奏は福原 徹さんです。

P5163283slk5_

3)

小鼓は福原 百之助さんです。

P5163285slk5__2

4)

尺八の演奏は善養寺 恵介さんです。

P5165774slk5_

5)

そしてピアノの演奏は中川 俊郎さんです。

P5165787slk5_

6)

大森六中の生徒さんが課題を出しての即興演奏もありました。

P5165779slk5_

7)

洗足池篠笛ワークショップ「笛福会」の演奏もありました。

P5165793slk5_

8)

そして船に乗って福原 邑佳さんが登場すると演奏は最高潮に向かって盛り上がっていきました。

P5165803slk5_

9)

P5165829slk5__2

10)

P5165840slk5_

11)

撮影場所をピアノの横の方に移動しました。

もう一人の笛は福原 百貴さんです。

P5165849slk5_

12)

寶山左衞門 作曲の「樹々の密」という曲でフィナーレです。

P5165856slk5_

13)

演奏者全員揃って挨拶がありお開きとなりました。

P5165867slk5_

馴染みのある名曲や日本の歌、ピアノ演奏の「月の光」を交えての、日本伝統の尺八の曲、笛の曲と素晴らしい演奏会でした。

| | コメント (2)

2010年11月14日 (日)

五島美術館庭園

世田谷区上野毛にある五島美術館は電車で12分の近い所に有るにもかかわらず、今まで一度も行った事がありませんでした。

今回現存する国宝「源氏物語絵巻」20段分(19画面)を集め、東京では10年振りに一挙公開されていて、 同時に、科学的分析の結果を踏まえて成立当初の姿を想定復元した「平成復元模写」も並べて展示されています。

しかもこの後五島美術館は改装工事の為2年間休館になるという事です。

更に無料で入館できる株主優待券を今まで無駄にしていました。

ちなみに入館料は大人1200円です。

11月11日の午後3時過ぎ上野毛駅の改札を下りると、ただいまの待ち時間0分という看板をもった案内の方が立っていました。

11月28日までですのでこれからの休日は混む事が予想されました。

若し興味のある方はお早めにどうぞ。

さて源氏物語絵巻を見ての感想ですが、私の様な素人には文字は読めないし、絵もよく分からなかったのですが、「平成復元模写」が隣に並べてある事でその良さが分かり、色使いの素晴らしさが分かり、科学的分析の凄さが分かりました。

この色が本当はこんな鮮やかな色だったんだと驚きの連続でした。

見終わった後庭園の方に行きました。(庭園だけは入場料100円だそうです)

庭園は武蔵野の雑木林をそのまま残した様な庭園で一般的な形の整った日本庭園とは全く趣が違っていました。

1)全体的にこんな感じの雑木林の庭園です

Pb115144_1_

2)ツツジが綺麗に咲くそうです

Pb115145_1_ 

3)少し紅葉が始まっていました

Pb115139_1_

4)石仏とつわぶき

Pb115141_1_

5)赤門が有りました

Pb115149_1_

赤門の周りは紅葉が綺麗で赤門が一層映えるそうです

6)赤門の先は地蔵さんや石仏が沢山有りました

Pb115152_1_

7)

Pb115157_1_

8)夕陽の当たった石像

Pb115167slkp_

9)大日如来像

Pb115168slkp_

10)大日如来像が見ている景色

Pb115169slkp_

五島美術館を出た後、落日の見える所は無いかと歩き回ったら、美術館の隣に東急大井町線の陸橋があり、そこから夕陽を撮る事にしました。

11)上り大井町行き急行電車

Pb115175slkp2_

12)下り溝ノ口行き普通電車

Pb115180slkp2_

13)下の方に雲が有り太陽が隠れてしまいました。

Pb115190slkp_

この庭園は紅葉の頃にもう一度来たいなと思いました。          

| | コメント (4)

2006年5月10日 (水)

春宵の響

今日第12回洗足池"池月橋"横笛演奏会「春宵の響」が開催された。

人間国宝・寳山左衛門とその門下の演奏家の笛と鼓による橋と池に浮かべた小舟をステージにした演奏会である。

雨上がりの池の水面を渡る笛の音は集まった人たちを魅了した。

残念ながら係以外の撮影禁止のため写真は撮れなかったが、終了後に撮った写真でその雰囲気が伝わればと思う。

18時30分から約一時間半、今年は大田区立東調布中学校三味線部と笛との見事な共演もあり素晴らしい演奏会だった。

CANON PowerShot G1 手持ち SS0.6秒  f2開放

Img_0760hs

パンフレット

Photo

|