« 初秋の尾瀬ヶ原二日目本編 | トップページ | 洗足池公園の彼岸花 »

2012年10月 1日 (月)

初秋の尾瀬ヶ原 動植物編

動植物編などと大げさなタイトルですが、花を中心に目に付いたものを撮っただけです。

この時期何といってもエゾリンドウがあちこちに咲いていましたが、綺麗に撮るのは凄く難しくて気に入るものがなかなか撮れませんでした。

1)山の鼻で最初に撮ったものです。

P9192906slk5_

2)2日目に撮ったものです。

P9203080slk5__2

3)鳩待峠から山の鼻にかけてはトリカブトが沢山咲いていました。

P9192893slk5_

4)山の鼻で目に付いたのは赤い実に水滴がついて綺麗でしたが上手く撮れませんでした。

P9192913slk5_

5)ウメバチソウを一つだけ見つけました。

P9203062slk5_

6)ノアザミもまだ咲いていました。

P9203074slk5_

7)ワレモコウはほとんど茶色くなっていましたが、まだ赤いのを見つけました。

P9203096slk5_

8)名前のわからない花

P9203068slk5_

9)これは花なのか分かりませんが沢山見かけました。

P9203112slk5_

10)花ではないですがシダの群生が見事に紅葉していました。

P9206728slk5_

動物ではカモ、イモリ、蝶の幼虫が撮れました。

11)このカモは名前が分からなくて色々調べましたがどうやらマガモのエクリプスのようです。

エクリプスとは繁殖の終わった雄が一時期だけ雌のような色合いになることです。

P9203110slk5_

ここからは苦手な人はパスして下さい。

12)キアゲハの幼虫

P9203093slk5__2

13)イモリが木道にいました。

P9206725slk5_

3年振りの尾瀬で一番変わったと思われるのは様式トイレが多くなったことでした。

東電小屋ではウオッシュレットのトイレがあり、お風呂も綺麗で山小屋とは思えない快適さでした。

来年は水芭蕉の咲く時期に計画しようということになりました。

<初秋の尾瀬ヶ原 終わり>

|

« 初秋の尾瀬ヶ原二日目本編 | トップページ | 洗足池公園の彼岸花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の尾瀬ヶ原二日目本編 | トップページ | 洗足池公園の彼岸花 »