« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

K.Yasunagaさんを偲んで

昨日(11月25日)、K.Ysunaga(安永国利)さんの奥様から安永さんが亡くなられたと電話で知らせがありました。

謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

安永さんは昨年5月に肺ガンが見つかり、九州大学病院で手術され完治されたのですが、12月に再発、その後ずっと闘病されていましたが、抗ガン剤が効かず、今年の9月には緩和ケア病院に移られ、誠に残念ですがその77歳の生涯を閉じられました。

その間ずっと闘病の経過をメールで私に知らせて頂きました。

10月21日が最後のメール、11月12日が最後の電話となりました。

私のブログで紹介していました梅里雪山の写真を中心に40頁の「中国・雲南紀行写真集」を、モルヒネで痛みを押さえながら今月初めに2冊完成され内1冊を私に送って下さいました。

それは両面写真光沢紙を使っての渾身の遺作で私の一生の宝となる見事な出来映えでした。

その写真集の中から哀悼の意を表して

「ロコ湖」と「ロコ湖に生きる」とその解説です。

T_2

「ロコ湖です。 濾沽と書きます。 半分は四川省に入っています。  透明度は11メートル、標高2690メートル、最深部が93.5メートルで、中国第二の深い湖と誇られています。

素晴らしく綺麗な湖で水質では褒められない川が多い中国ですがその中では特筆に価すると思います。 未だ四川省には行っていませんが、ある意味、観光地としては中国の省の中でも1・2を争うくらいではないかととも思っています。民放BSで中国を見ていたら、かってこの国は5~6個の亜大陸から成ったと言っていました。  これらがせめぎあってあの大陸を造っているのですから多様性に富んでいるのでしょうね。

これは展望台からです。  この湖畔に一泊しました。良いホテルでしたし、夜は何もないところですので。旅人の旅情を慰めるというのか「女系民族」らしい歌や踊りがありました。

もう一枚は「ロコ湖に生きる」と題しました。    前日に仕掛けた網で小魚を獲っているようです。」

2t

この写真集は安永さんが生きてきた証なのだと思います。

縁があってネットを通じての写真の付き合いでしたが、どんな事についても素晴らしい知識をお持ちで、含蓄の有る方でした。

直接お会いす事がなかったのは非常に残念でした。

心よりご冥福をお祈り致します。

なお、安永国利さんの写真はカテゴリの「安永さん」をクリックすると全作品が見れます。

| | コメント (4)

2010年11月22日 (月)

筑波山紅葉オフ会その2

ケーブルカーに乗って筑波山に向かいました。

1)

Img_1869_1_

標高差があるにもかかわらずケーブルカーで登った上の方の登山道も黄葉が真っ盛りでした。

2)

Img_1881slkp_

筑波山(女体山)頂上でとんとんさんに私のカメラで記念写真を撮って貰いました。

標高1000m以下で百名山に入っているのは二つだけで筑波山が一番低い山です。

私の登った百名山を数えてみたら筑波山が10番目となりました。

今後それが増える可能性はほとんど無いだろうと思います。

3)

Img_1883slkp_

頂上からの眺望は関東平野が一望出来素晴らしいものでした。

岩の向こう側は崖で押されたら一貫の終りという感じでした。

4)

Img_1885slkp_

5)

Img_1888slkp_

6)右側にちょっと霞ヶ浦が見えています。

太平洋方面を写しています。

Img_1889slkp_

ケーブルカーで下りた後、筑波山神社の隣の建物の所に手水や灯籠などちょっとした庭が有りました。

7)

Img_1914_1_

そこには赤い実のなる木が集めてありました。

8)

Img_1916_1_

9)

Img_1923_1_

10)

Img_1921slkppse_

11)

Img_1925_1_

12)

Img_1926_1_

この後白鳥が来ていると言う菅生沼の方に移動しました。

その3に続く。

| | コメント (12)

2010年11月20日 (土)

筑波山紅葉オフ会その1

とんとんさんの案内で筑波山に行ってきました。

メンバーはとんとんさん、よひらさん、kuramaさん、タチアオイさん、アンちゃん、yoshi-mさんと私の7人です。

筑波山神社まで車で行くのに酔ってしまい2回も休憩して貰いました。

皆様に色々気をつかって貰い有り難うございました。

今回は5Dmk2にタムロン28-300mmVCでの撮影です。

筑波山神社には素晴らしい銀杏の大木があり正に今見頃な素晴らしい黄葉でした。

1)

Img_1855slkp_

中学生が遠足に来ていました。

この後筑波山の山頂まで同行する様な感じになりました。

2)

Img_1856_1_

3)

Img_1858_1_

天気に恵まれ紅葉の方も青空に映えていました。

4)

Img_1863_1_

圧倒的な紅葉でした。

5)

Img_1864_1_

紅葉の間からは関東平野が見えます。

6)

Img_1873_1_

イマイチの紅葉でも透過光にすれば綺麗に撮れます。

7)

Img_1910slkp_

平凡な紅葉も綺麗な玉ボケを背景にすればこのとおりです。

8)

Img_1912slkp3_

タチアオイさんにLEICA MACRO-ELMART 45mm/F2.8を借りてE-P1に付けて撮ってみました。

全て絞りF2.8の開放で撮ってみました。

9)

Pb165204_1_

10)

Pb165206_1_

AFが効いて拡大液晶画面での微調整がやり易いので、手持ちでは構図を先に決め、拡大にしてピントの微調整をしてそのままシャッターを押しています。

11)

Pb165208_1_

12)

Pb165209_1_

素晴らしい写りにこのレンズ欲しくなってしまいました。

このレンズで優ちゃんも撮ってみたいですね。

タチアオイさん有り難うございました。

その2に続く   

| | コメント (10)

2010年11月14日 (日)

五島美術館庭園

世田谷区上野毛にある五島美術館は電車で12分の近い所に有るにもかかわらず、今まで一度も行った事がありませんでした。

今回現存する国宝「源氏物語絵巻」20段分(19画面)を集め、東京では10年振りに一挙公開されていて、 同時に、科学的分析の結果を踏まえて成立当初の姿を想定復元した「平成復元模写」も並べて展示されています。

しかもこの後五島美術館は改装工事の為2年間休館になるという事です。

更に無料で入館できる株主優待券を今まで無駄にしていました。

ちなみに入館料は大人1200円です。

11月11日の午後3時過ぎ上野毛駅の改札を下りると、ただいまの待ち時間0分という看板をもった案内の方が立っていました。

11月28日までですのでこれからの休日は混む事が予想されました。

若し興味のある方はお早めにどうぞ。

さて源氏物語絵巻を見ての感想ですが、私の様な素人には文字は読めないし、絵もよく分からなかったのですが、「平成復元模写」が隣に並べてある事でその良さが分かり、色使いの素晴らしさが分かり、科学的分析の凄さが分かりました。

この色が本当はこんな鮮やかな色だったんだと驚きの連続でした。

見終わった後庭園の方に行きました。(庭園だけは入場料100円だそうです)

庭園は武蔵野の雑木林をそのまま残した様な庭園で一般的な形の整った日本庭園とは全く趣が違っていました。

1)全体的にこんな感じの雑木林の庭園です

Pb115144_1_

2)ツツジが綺麗に咲くそうです

Pb115145_1_ 

3)少し紅葉が始まっていました

Pb115139_1_

4)石仏とつわぶき

Pb115141_1_

5)赤門が有りました

Pb115149_1_

赤門の周りは紅葉が綺麗で赤門が一層映えるそうです

6)赤門の先は地蔵さんや石仏が沢山有りました

Pb115152_1_

7)

Pb115157_1_

8)夕陽の当たった石像

Pb115167slkp_

9)大日如来像

Pb115168slkp_

10)大日如来像が見ている景色

Pb115169slkp_

五島美術館を出た後、落日の見える所は無いかと歩き回ったら、美術館の隣に東急大井町線の陸橋があり、そこから夕陽を撮る事にしました。

11)上り大井町行き急行電車

Pb115175slkp2_

12)下り溝ノ口行き普通電車

Pb115180slkp2_

13)下の方に雲が有り太陽が隠れてしまいました。

Pb115190slkp_

この庭園は紅葉の頃にもう一度来たいなと思いました。          

| | コメント (4)

2010年11月 7日 (日)

嬉しい報告2点

大田区が発行している「くらしのガイド」(平成22年度版)の表紙の写真9点のうちの1枚に私の写真が採用されました。

「くらしのガイド」は大田区民の日常生活に関わりの深い区の仕事をはじめ、区民施設の利用や各種相談窓口などを掲載している約160頁の冊子で、このほど区内全戸に配布されました。

Save0198_

表紙の写真は全て「平成21年度いきいき大田写真コンクール」の応募作品だそうです。

左側一番上の桜の写真が私の写真です。

オリジナルは協賛賞を頂いた作品です。

1) 「枝垂桜の下で」

Dsc_3575slkp_

残念ながら名前は載りませんでしたが、物凄い部数の冊子の表紙の一部を飾ったという事で大変嬉しく思いました。

2点目は

アサヒカメラ.netの月例コンテスト「写真の殿堂」9月分で入選致しました。

選者 大山高先生の講評です。

http://www.asahicamera.net/sns/mvp/result201009/dendo_01.php

オリジナルは

2)「秋の夕空」

P9174745_1_

3)「中秋の名月」

P9224938slkp_

4)「ピンクの彼岸花」

Img_1847slkp_

5)「飴細工やさん」

P9054589slkp_

以上4点を「洗足池に秋が来た」というタイトルの組み写真にしたものです。

5)の写真を大山高先生のアドバイスに従って現像し直して見ました。

6)

P9054589slkp2_

確かにこちらの方がいいですね。

組み写真というものの組み方について大変勉強になりました。   

| | コメント (11)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »