« ピンクの彼岸花 | トップページ | 嬉しい報告2点 »

2010年10月21日 (木)

梅里雪山その4

今回は世界遺産となっている麗江古城と明永氷河などです。

1)

Txt

この街の絶好の展望台となっています万古楼からの世界遺産になっている旧市街です。

この街をこの楼から逆の方向を撮ってもそちらは新市街で、もちろん世界遺産から外されていますし、変哲もないビルのある街です。

これは、いぶし銀色の瓦を使いこの甍の波が景観となっています。

写真からは外していますが、天気が良ければ  (この日はガスっぽく遠景がよく見えませんでしたので、本来ならば玉竜雪山が見えるとの事)  上の方まで撮りたかったのでした。

2)

T

この甍のある街つまり古城内の建物を、まだ夜が明けてやや明るくなったけれども、どの店もまだ開店していない時刻に撮ったものです。

石畳とこのように朱紅色とでも表現すべきかよく判りませんが統一された色の…..殆ど土産物店や飲食街が多いですね。

この古城内は、特別に許可された車…..道路が狭いので軽自動車クラスの車しか入れません。

勿論タクシーもダメです。

許可された車もそんなに台数はないようでした。この道を向こうへ突き抜けると四方街と言うやや広い交差点があり、公安パトロールカーが昼間は殆ど常駐しています。  従って保安は保たれています。

3)

Txt_2      

梅里雪山・明永村の最終駐車場の脇を流れる氷河の融水川です。

左にチャーターした車が少し見えています。  バナナの植木がありました。  この川の水は手が切れるほど冷たいのに。

仏塔が見え、例の旗・タルチョなども。  こんなのがあちこちあります。仏塔はチョルテンと言うようです。

この水の流れも、かっては村の直ぐ近くまで氷河だったそうですが、かなり後退して、現在の氷河末端まではかなりな距離があります。
氷河が雨季は黒くなっていますので融水もグレーでした。
矢張り温暖化が、総てに影響しているのでしょう。

4)

Txt_3      

登りのほぼ最終地点標高3100m近くのクレバスです。  この脇直ぐ草が見えますが、ここは黒い砂礫地です。  亜熱帯の氷河ですね。

若しここに落ち込めば、助からないでしょうね。

例え慣れた登山家が助けようとしても、我々だったらそれに答える事は不可能と言えると思います。

こんなのが氷河上、無限に近く存在しているのか、なんて思えばこれ以上近づけません。

5)

Txt_4 

梅里雪山関連は、どうしてもこの道を一部通らなければならず、その時のものです。

麓の明永村のチベット族が貸し馬 料金は聞いていましたが忘れました。  この時は白人女性のようですね。

樹林帯の中で、少し暗くピントが甘いようですがごめんなさい。
ここではありませんが、こんなのに乗った女性 (佐賀の人)  は、あれも結構キツイなんて話していましたね。  だろうと思います。
チベット族の若い娘馬子が、頭のテッペンから出すような凄く高音の馬子唄?を唄いながら馬を曳いていました。

6)

Txt_5

「パンダ牛?」と名づけました。   梅里雪山からの帰途4300mの峠付近で、運転手君が止めてこの群れを待ち、行き違った時に車の中からです。

「ゾッ」と言うそうで、チベットやこの辺りに多い長毛の大きな牛「ヤク」と普通の牛との交配種だと聞きました。

   

7)

Txt_6

明永氷河の一部です。  針峰です。  どうしてこんな姿になるのか........。自然は芸術家だなぁ と感心するばかりです。

何度もTVでヨーロッパアルプスのドキュメンタリーなどみますが、あそこもドンドン氷河がなくなっているようですね。
それと、初耳でしたがアフリカのサハラ砂漠の砂が風によって吹き飛ばされ、アルプスの氷河に乗っかってるのだそうです。
日本の北アルプスの立山の「雪の大谷」の開通に一度行きましたが、黄砂が特に酷い年で雪面が黄土色でしたね。
<梅里雪山その5に続く>      

      

    

|

« ピンクの彼岸花 | トップページ | 嬉しい報告2点 »

コメント

ご無沙汰しております。wikeyです。
いつ見てもお写真がきれいですねぇ。
雑誌を見ているようです。笑

投稿: wikey | 2010年10月24日 (日) 21時23分

hello!This was a really fabulous topic!
I come from milan, I was luck to search your theme in wordpress
Also I get a lot in your website really thank your very much i will come later

投稿: bet365 | 2010年10月25日 (月) 10時52分

すばらしい景色ですね。
さすが世界遺産に登録されているだけのことはあります。
私も行ってみたいけど、当分は国内で我慢です。

投稿: ironsky | 2010年10月25日 (月) 21時46分

>wikey さん

お久し振りです。
梅里雪山の写真はK.Yasunagaさんの撮られた写真を許可を得て載せているものです。
この中国の奥地に有る雲南省の景色は素晴らしいですね。
私が世界で行ってみたい所はマチュピチュとこの梅里雪山です。
永遠の見果てぬ夢ですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年10月26日 (火) 05時41分

>bet365

Thank you visited my website.

投稿: OM1ユーザー | 2010年10月26日 (火) 06時07分

>ironsky さん

この麗江市や梅里雪山は本当に素晴らしい景色ですね。
一度行ってみたいと思うのですが標高3000mでかなり厳しそうですね。
クラブツーリズムなどで時々写真撮影のツアーが企画されているので行くとしたら高くてもそれに参加するしかないと思っています。
でも夢の夢ですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年10月26日 (火) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクの彼岸花 | トップページ | 嬉しい報告2点 »