« 初秋の洗足池 | トップページ | 梅里雪山その3 »

2010年9月24日 (金)

梅里雪山その2

暫く間が空きましたがK.Yasunagaさんの梅里雪山の写真第2弾を載せたいと思います。

今K.Yasunagaさんはこの時の撮影旅行を写真集にまとめる作業を行われていますが、体調が思わしくなく前回の様なコメントはとても無理な状況ですので宜しくご了承願います。

写真の説明はK.Yasunagaさんのメールでのものです。

1)

Txt

1)白茫雪山です。

山頂はガスで見えませんが氷河がよく見えています。

この山には孫悟空のモデルになった金絲猴なども住んでいるとか。

2)

Txt_2

2)雲南の火炎山とでも言いましょうか。

こんな山が国道を挟んで対峙しています。木が全くなく赤い山ですね。

当然振った雨水は赤くなると思います。標高は推定5000m程度でしょうか。撮った所が4300mの峠を僅かに下ったところですから。

名はあるのかないのか判りませんが、現地の人にとっては、取り上げるほどの山ではないと思っているのかも知れません。

3)

Txt_7

3)危険な作業です。落石防止用の金網を張っているのでしょう。

この工事のために暫く通行止めを食ってる間に、一番下の作業員の向こうに、カワカブから流れ出る明永氷河が見えています。

こんな所で命綱もつけずにヒョイヒョイと。

高地族のタフさに驚かされます。

4)

Txt_8   

4) 人物もどうかな  と、思いましたので。  

これは金沙江第一湾から白茫雪山での途中、少数民族の一つ「イ族」の老夫婦が自宅前に立っていたものを撮りました。
イ  と言う漢字は中々出てきませんのでこのカナ文字しか使えません。  特別な盛装ではないようで隣の旦那らしき男性は、背負い籠を背中に。

元々勇敢な民族だそうでチベット族なんかとも激しい戦いをしたとも聞きます。

しかも、比較的最近まで奴隷制度があったそうです。戦いに負けた相手を奴隷にしていたのかも知れません。

そんな過去がありそうもない、穏やかな笑顔で撮影に応じてくれました。   

女性の被り物  面白いですね。雨よけ、日よけ、更に俗に言うスケベよけにも。

5)

Txt_9

5) これはあのモルゲンロートが見られた前日の夕方です。

カワカブの彼方日が落ち、カワカブはシルエットになりましたが、少し暗いのを持ち上げております。

9/19日ですから丁度秋の彼岸です。  ですから南北に走る、横断山脈と呼ばれる梅里雪山には朝日が正面に当たるわけですね。

若しこの時カワカブの裏、つまり西面は素晴らしいアーベントロートが見られただろうと思っております。

恐らく世界で誰一人撮ってはいないでしょうね。

6)

Txt_10

6)これも蒼氷ですが、直ぐ脇に余り大きくはないけれどもクレバスがあり、表面もスプーンカットのようにも感じますが盛り上がっているようにも見えますので違うのでしょう。

直ぐ手前は山肌ですから草が見えています。  もっと近寄れなくもないかも知れませんが怖くて寄れません。

<その3に続く>

なお前回の梅里雪山の記事は右側のカテゴリーの海外旅行をクリックするとこの記事の後に出てきます。

|

« 初秋の洗足池 | トップページ | 梅里雪山その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の洗足池 | トップページ | 梅里雪山その3 »