« 秋祭り | トップページ | 等々力渓谷 »

2009年9月13日 (日)

彼岸花

今年は1週間位早く洗足池桜山の彼岸花が咲きました。

早速E-P1にプラナー50mmF1.4ZFを付けて撮りに行きました。

設定を間違えて全て極端な露出不足になってしまいました。
撮る時は通常の明るさなのに撮った後の再生は暗くてよく見えません。
モニターの明るさ調整を最大にしても心持ち明るくなる程度なので再生の時だけモニターが故障したと思いました。
帰ってから他のSDを再生すると普通に明るい画面なのでそこで初めて極端な露出不足に気がつきました。

現像時に+3の増感をしてどうにか見れる様にしていますがノイズが多い写真になってしまいました。

先ずはここでは毎年咲く珍しい色の彼岸花です。
1)
P9110658slkp__2

2)
P9110663slkp__2

次に白い彼岸花です。
3)
P9110665slkp__2

4)
P9110664slkp__2

彼岸花はやはり赤い曼珠沙華ですね。
5)
P9110667slkp__2

6)
P9110669slkp__2

これは絞りF1.4の開放で撮っています。
7)
P9110670slkp__3

この時期近くにヤブランが咲くので毎年撮っています。
8)
P9110671slkp_

ここまではSILKYPIXでの現像です。

OLYMPUS Studio2を使ってアートフィルターを適用して見ました。
1)のファンタジックフォーカスです。
9)
P9110658ols_

5)のファンタジックフォーカスです。
10)
P9110667ols_

6)のトイフォトです。
11)
P9110669olstf_

ライトトーンです。
12)
P9110669olslt_

デイドリームです。
13)
P9110669olsdd_

極端な露出不足の原因が分かりました。
私はどのカメラもスポット測光を使っていますが、E-P1にはスポット測光の他にスポット測光HIとスポット測光SHというのが有って、前の日の夜スポット測光の範囲設定かなと勘違いしてSHに設定していました。
取説調べてみたら
HIは スポット測光ハイライトコントロール
測光したポイントの露出がオーバーになるように設定します。白い被写体を白く表現したいときに使います。
測光範囲はスポット測光と同じです。
SHは スポット測光シャドウコントロール
測光したポイントの露出がアンダーになるように設定します。黒い被写体を黒く表現したいときに使います。
測光範囲はスポット測光と同じです。

取説調べないで勝手にSHが一番スポット範囲が狭いだろうと解釈した私の失敗でした。

|

« 秋祭り | トップページ | 等々力渓谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋祭り | トップページ | 等々力渓谷 »