« OM-1+ベルビア100 | トップページ | フォトコンテスト »

2008年12月22日 (月)

OM-2N+ベルビア100

OM-2Nの初撮りの現像が上がってきました。

DPE店でさっと見たら安定した露出でフィルムの濃度が一定になっていて感動しました。(これが当たり前ですけど)

昭和50年にOM-2が発表された時の衝撃は今でも覚えています。
ダイレクトに露光中のフィルム面の反射を測ってシャッタースピードを制御する仕組みを取り入れた世界で初めてのカメラです。

露光中に光の状態が変わってもそれに追従する訳です。

当時の他の一眼レフのAEはシャッター切る寸前の明るさを測光してそれを記憶してシャッターを切っていました。

30年も前のカメラですので取扱説明書もストラップも何も付いていない状態での購入でした。

そこでせめてカタログでも見ないと操作に不安があったので、数回の引っ越しに耐えて保管してあったカタログを引っ張り出しました。

当時のカメラのカタログが厚さ7cm位有ります。

折角引っ張り出したので表紙だけスキャンしましたので載せてみます。

オリンパスのM-1です。

1)

Save0001


M-1という型番はライカのライツ社からのクレームですぐOM-1に変わりました。

2)

Save0002


そしてOM-2

3)

Save0003


今回購入したOM-2N

4)

Save0004


その頃のニコンFのカタログです。

5)

Save0005


そしてキヤノンF-1のカタログです。

Save0006


ペンタックスSPのカタログも有ったはずですが見当たりませんでした。

前置きが長くなってしまいましたが、OM-2N+50mmF1.8で夕日が沈む風景を撮ってみました。

7)

Img281slkp_


沈んだ 後の静寂です。

8)

Img287slkp_


夕焼けの映えた水面をカモが餌をやっている人を目指して泳ぎます。

9)

Img294slkp_


すぐ近くにコサギがいましたが、50mmでしかも薄暗くなっていましたが、何とか撮れました。

80%位にトリミングしています。

10)

Img304slkp_


1本目を撮った結果においては特に問題はなく、露出もだいたい思い通りでした。
2本目からはプロビア100で撮っていますので次回載せたいと思います。

|

« OM-1+ベルビア100 | トップページ | フォトコンテスト »

コメント

はじめまして。
OM-1の記事を検索していてお邪魔しました。
私は、島根県西部の浜田市に住んでいます。
最近子供の頃からの憧れのカメラの一つ、OM-1とOM-2を続けて入手しました。
手入れを済ませて、フィルムの装填を待っているところですが、こちらの記事のOM-2Nのカタログが懐かしさ一杯で、殆ど全ての国内カメラメーカーのカタログを集めたことを思い出しました。
残念ながら処分してしまって手元には残っていません。
出雲の記事や滝の写真など私には到底撮れないすばらしい写真をみせていただきました。
これからも時々、保養に寄らせていただきます。

投稿: 山男 | 2012年5月 1日 (火) 14時08分

>山男 さん

はじめまして。
コメントありがとうございました。

浜田市に住んでおられるとのこと、浜田には高三の時、音楽部で一度行っただけで、あまり覚えていませんが懐かしいですね。
OM-1は昔から使っていましたが、露出計がダメになっているので、最近購入したOM-2Nを使っています。

今でもOM-1,2のデザインが一番好きです。
デジタル一眼に慣れてしまった今はなかなかOMを持ち出す機会がありませんが時々は使いたいなと思っています。

良かったらまたお寄りください。

投稿: OM1ユーザー | 2012年5月 2日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OM-1+ベルビア100 | トップページ | フォトコンテスト »