« 西沢渓谷3(最終回) | トップページ | 洗足池野鳥寸描 »

2008年11月18日 (火)

5DMk2特別体験会

16日(日)午後品川のキヤノンSタワーで開催されている「EOS 5DMarkⅡプレミアム発表会・特別体験会」に行ってきました。

会場に着くと丁度川合麻紀先生のセミナー「5DMarkⅡの魅力」が始まる時間だったのでそちらの方を先に受講しました。

EOS学園講師を担当されているだけあって慣れた語り口でプロジェクターを使ってこのカメラの魅力を説得力のある話をされました。
MarkⅡになって一番良くなったと思った所はイルミネーション等で強い光の大きめの前ボケや後ボケを画面に入れた時、デジタルの場合どうしてもフィルムの様に綺麗な階調が出なかったのが出る様になったところだと言っていました。

動画も今まで普通のビデオさえも撮った事が無かったけど前日に撮って夜1時間半かけて編集した物を、動画は全くの素人ですけどと言いながら披露してくれました。

出来上がった動画のセンスの良さと忙しい中をわざわざ用意されたサービス精神に感銘しました。
このセミナーで完全に川合麻紀先生のフアンになってしまいました。(笑)

セミナーの後、発表会場に行きましたが入り口にA0の大きさに印刷された風景写真が展示されていましたが、その写真の遠くの木々の描写を見てこのカメラは絶対に欲しいと思いました。
2110万画素の威力を見せつけられました、これなら中判6×7と同等か以上ではないかと思いました。

体験コーナーでは撮った画像ファイルは持ち帰り出来ず2L版に1枚だけ印刷してもらえました。

その写真を家でスキャナーで読み込んだものなので参考にはなりませんがこんな雰囲気ということで載せます。
レンズはEF24-105mmF4 ISが付いていました。

1)

Img241hhslkp_


コンデジのLX2を持っていきましたので会場の様子です。

2)

P1010260slkp_


ハンズオンコーナーで5DMark2を触ってみました。
特に驚く様な所も不満に思う所も無く(ほとんど5Dと同じ感覚なので)、レンズの24-105mmは1本あってもいいなとか、70-200mmF4 ISは是非ほしいなとレンズの事ばかり気になっていました。
12月に発売される24mmF1.4 LⅡや35mmF1.4 Lの付いているのも涎をたらしながらファインダーを覗いてみました。(笑)
これらニコンには無い魅力的なレンズは風景写真をメインとするものには必須のレンズです。
いつかは必ず買いたいと思っています。

記念品としてのスペッシャルBOX、実はこれが欲しくて出かけてきた様なものです。
BOXの中身は先ず5DMark2のカタログ、悪魔の書と言われるLレンズの豪華なカタログ、通常のEFレンズのカタログ(10月現在のもの)、プリンターのカタログ、そして石橋睦美氏、十文字美信氏、米美知子氏の撮ったカタログに使われている写真のA4版(PIXUSプリンターで打ち出したもの)です。

5DMark2のカタログの表紙です。

3)

P1010274h_


かなり満足感に満たされて会場を後にしました。

今回品川駅の東口は初めて来たのですが、この辺りのビル群が立派な歩道橋でつながっているのにはびっくりしました。

銀杏も紅葉していたのでLX2で何枚か写真を撮りました。

品川駅東口を出た所です。

4)

P1010270_1_


右側の一番奥の方にキヤノンのビルが有ります。

5)

P1010269_1_


左右のビル群の間は公園のようになっていました。

6)

P1010266_1_


7)

P1010265_1_


フリーマーケットをやっていました。

8)

P1010264slkp_


キヤノンビルの近くから品川駅方面を撮っています。

9)

P1010259slkp_


10)

P1010257slkp_


最後にキヤノンビルを正面から撮りました。

11)

P1010261slkp_


ここはギャラリーもあり家からも近いので今後時々来るのもいいなと思いながら帰りました。

|

« 西沢渓谷3(最終回) | トップページ | 洗足池野鳥寸描 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西沢渓谷3(最終回) | トップページ | 洗足池野鳥寸描 »