« 今月の花鳥風月 | トップページ | D700+VR18-200mm »

2008年10月18日 (土)

コンパクトデジタルカメラ

孫の優ちゃんを公園に連れて行き遊ばせる時、気軽に持っていける新しいコンパクトデジタルカメラが欲しいと思っていましたが、やはり一味違うカメラを選びたいとあれこれ検討しました。

条件としては
800万画素以上
広角28mmからのズームレンズ付き
絞り優先が出来るもの
出来たらRAWで撮れるもの
旧型でもいいので安いもの(値段の高い物はレンズを買った方がいい)
中古でも可

コンデジにはうといので各社のカタログを集めて探していたら見つかりました。

パナソニックのDMC-LX2です。

一味違う所
アスペクト比16:9の横長サイズの絵が撮れます。(もちろん普通の3:2でも4:3でも撮れます)
なんとマニュアルフォーカス、マニュアル露出が使えます。
決定打は何といってもRAWでの撮影です。
そしてレンズはライカのDC VARIO-ELMARIT28mm-112mm/F2.8-F4.9という魅力的なものです。

困った所はOFFにしてもレンズがでっぱったままなのでポケットに入れた時大きく膨らむ事です。

発売当時6万円以上していたものが後継機のLX3が出たので新品でも約2万円で買えました。

ところが優ちゃんが風邪をひいたり色々あって公園に行く機会が未だ無いので、いつもの洗足池を撮ったものを載せます。

10月1日の夕焼けです。
全て16:9のアスペクト比で撮りました。
写真はクリックすると大きくなります。

1)

P1010025slk_


2)

P1010029slk_


3)

P1010032slk_


4)

P1010034slk_


その時ワカケホンセイインコの群れが飛んでいきました。
ワカケホンセイインコの鳴き声はヒヨドリよりもっとけたたましいのですぐ分かります。

5)

P1010045slk_


ここから10月3日撮影分です。
葦の穂が私の背より随分高くなりました。

6)

P1010049slk2_


マクロモードでホトトギスを撮りました。

7)

P1010056slk_


何時来てもカワウはほとんど杭の上にいます。

8)

P1010065slk_


最望遠(112mm相当)でもあまり背景はボケません。

9)

P1010069slk_


所々に黄葉した葉を見かける様になりました。

10)

P1010077slk_


10月3日の夕焼けが始まりました。

11)

P1010091slk_


12)

P1010093slk_


上の方の雲も赤く染まって来ました。

13)

P1010097slk2_


とその時ワカケホンセイインコの大群がけたたましい鳴き声を放って東京工業大学のねぐらに帰っていきました。

14)

P1010099slk4_


画面が小さいとワカケホンセイインコの大群が見えないので少しトリミングしてみました。

15)

P1010099slk3_


洗足池の夕焼けには欠かせないメタセコイヤの木ですが、残念な事に昨年落ち葉がひどいと近隣の住民からの苦情でご覧の様に左側の5本が大剪定されてしまいました。

16)

P1010083slk_

ちなみに大剪定される前の夕景を載せます。
昨年10月29日に出現した今まで私の出会った一番の洗足池夕景です。
この写真は前にも載せましたがこの後の劇的な変化は未だ未公開です。
いつか載せたいと思います。

16-2)

Dsc_3322slk2_

10月3日に戻り、夕焼けに映える水面です。

17)

P1010086slk_


夕焼けもピークを過ぎました。

18)

P1010101slk_


それでは最後までお付き合いだんだん

|

« 今月の花鳥風月 | トップページ | D700+VR18-200mm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の花鳥風月 | トップページ | D700+VR18-200mm »