« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

今月の鳥

在庫からですが久し振りに鳥の写真です。

桜にからませて撮れたのはシジュウカラでした。
久し振りにタムロンのA061で枝垂桜などを撮っていたのでレンズはそのままで撮りました。

D300+タムロン28-300mm(A061)

1)

Dsc_1855slk_

2)

Dsc_1867slk_

あまり聞いた事のない鳴き声の主を探したらアオジでした。
あせりながら落ち着いて(この気持ち分かるでしょう)レンズをVR70-300mmに交換しました。

D300+VR70-300mm

3)

Dsc_1891slk_


うまい具合に桜の木に移ってくれました。
かぶった枝が邪魔でしたが動ける場所はこのアングルしかありませんでした。

4)

Dsc_1904slkt_


そしてアオジが飛んで行ってしまったので池の方に下りると目の前にカワセミがいました。

この子は人馴れをしていてすぐそばをジョギングや犬の散歩の人が通っても平気です。

5)

Dsc_1911slk__2


6)

Dsc_1945slk_


7)

Dsc_1943slk_


目の前の花の終わった桃の木に移って来ました、まるで撮ってくれと言わんばかりです。

8)

Dsc_1963slk_


完全にくつろいでいます。(笑)

散歩の人が携帯で撮っています。携帯で撮れるカワセミはこの子だけではないでしょうか。

9)

Dsc_1967slk_


桃の花が背景になるようにしてみたのですが、スッキリしません。

10)

Dsc_2002slk_

近くに桜の木があるのでそちらに移るのをひたすら待っていたのですが、完全にマッタリモードで動く気配がありません。
そこに携帯が鳴って帰れコール、後ろ髪引かれながらその場を離れました。

カワセミは全てノートリミングです。
普通は300mmクラスのレンズでこんなに近寄って撮ってはいけません。

最後は別の日のツグミですが、もうそろそろいなくなるのでしょうか。

D300+AF-S300mmF4

11)

Dsc_2266slk_

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

ふるさとだよりFrom出雲2008年春

中学時代からの親友HKさんからふるさとだより届きました。

島根県最大の枝垂れ桜といわれている雲南市加茂町の段部のしだれさくらを撮ってきてくれました。

樹齢 340年、幹周り3.5m、高さ14m、枝張り20mだそうです。

雲南市は大東町・加茂町・木次町・三刀屋町・吉田村・掛合町の6町村が合併して平成16年11月1日に誕生した新しい市です。

掛合町といえば竹下登元首相の出身地です。

D70+シグマ18-125mm

Dsc_4351slk_

次は雲南市木次町の桜並木です。
島根県の桜の名所の一つです。

Dsc_4365slk_


最後は見事に生けられた椿です。

Dsc_4324slk_

HKさん、ふるさとの見事な桜の写真有り難うございました。

また何か撮られたらお願い致します。

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

尾瀬フォトコンテスト

皆様の支援のお蔭で第28回尾瀬フォトコンテストで一位をとる事が出来ました。

尾瀬は私の一番好きな場所、一昨年10月に30年振りに行って昨年5月にも雪の尾瀬ヶ原に行きましたが、今年も5月末に水芭蕉の季節に初めて行く事になりました。

尾瀬は雨の多い所でもあり10月に行った時は記録的な雨だったのですが、5月は快晴でした。
今度は天候に恵まれるかどうか分かりませんが行ける事自体が大変嬉しくて今からレンズは何を持っていこうかとワクワクしています。

2回の尾瀬行きの写真の中から時々尾瀬フォトコンテストに投稿してきましたが、今回の一位で一位2回、三位3回となりました。

それでは今回(第28回)の一位作品から

Dsc_1735slk_

D40+VR18-200mmにて撮影

昨年5月の早朝、日の出を撮るために山小屋を出たら満月が雪の尾瀬ヶ原を煌々と照らしそれは幻想的な景色でした。

その時撮った中の一枚はデジタルカメラマガジンで入選となりましたが、この写真は更に何分か後にいよいよ月が至仏山の稜線にかかる直前に撮ったものです。
95mm(142mm相当)で撮りましたが、ここの風景では望遠は200mm迄あれば十分だなとあらためて思いました。

次に第24回に三位となった作品です。

Dsc_3789r_

D200+VR18-200mmにて撮影

一昨年10月草紅葉の尾瀬ですが、かなり強い雨の中D200は頑張って くれました。
レンズは防塵・防滴では無いですが、マウント部分だけビニールとタオルで保護して撮りました。


次に第23回三位作品です。

Dsc_3737r_

D200+VR18-200mmにて撮影

これも草紅葉の尾瀬ヶ原で撮ったものです。
これは自分としては大変好きな写真です。
白樺の木と赤く紅葉した木、水草の黄葉、雨に霞む山、秋尾瀬の魅力一杯の写真かなと思っています。


次は第20回三位作品です。

Dsc_4479slkn_

D200+VR18-200mmにて撮影

これは昨年5月の時の第一日目至仏山と夕焼け雲の撮影です。

最後は第19回一位作品です。

Dsc_1761slkn_

D40+VR18-200mmにて撮影

昨年5月燧ケ岳から昇る朝日です。
雪のある時にしか行けない撮影ポイントですが、撮影ツアーの同行カメラマン講師の案内があればこそ行ける所です。
段々と燧ケ岳の向こうの空が赤くなってきてやがて一筋の光が指す瞬間、寒さも忘れて何枚も何枚もシャッターを切りました。
その中の一枚です。

今年の5月もこの日の出の撮影は有りますが、今回は木道をはずれる事は出来ないのでどんな撮影ポイントに連れて行って貰えるか楽しみです。
ダイヤモンド燧ですから頂上からの日の出の予定です。

尾瀬フォトコンテストのHPは↓です。

http://www.tepco.co.jp/oze/photo/contest/index-j.html

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

洗足池さくら祭り

洗足池が一年で一番賑わうさくら祭りの様子を載せます。

最初に大田観光協会の洗足池のパンフです。クリックすると一部が拡大出来ます。

Dsc_2008slks2

最初は賑わう前の早朝編です。

撮影は5D+EF28-135mmISです。

朝6時半、桜山の満開の桜の下いつもの様にラジオ体操が行われます。

もう場所取りの青いシートが敷いてありやりにくそうです。

1)

Img_0963slk_

2)

Img_0965slk2_

ここの桜は全て樹齢が高くかなりの大木です。

3)

Img_0973slk_

桜山を下りて池端に出ると冬なら日の出が見れる時間ですが、この頃の太陽はもう高く上がってます。
それでも朝の雰囲気です。モノクロにしてみました。

4)

Img_0983slk_

正面の柳の上に見えるのが桜山です。
桜山には大きな屋台、池の周りは普通の屋台が並んでいます。

5)

Img_0989slk_

正面に見えるのがもう一つの花見のポイント桜広場です。

6)

Img_0990slk_

桜広場の桜です。さすがに朝は人を入れずに撮れます。

7)

Img_0994slk_

その桜広場も日中は花見客でいっぱいになります。

午後からはD300+VR18-200mmで撮りました。

8)

Dsc_1748slk_

9)

Dsc_1746slk_

10)

Dsc_1750slk_

洗足池駅の前にある歩道橋から撮りました。
正面の一番奥が桜山、右側が桜広場、ボート乗り場は手前の歩道橋を下りた所にあります。

11)

Dsc_1752slk_

夕方桜山の様子を見に行きました。
花より団子という状態でした。

D40+VR18ー200mmです。

12)

Dsc_3983slk_

13)

Dsc_3984slk_

この状態は深夜まで続きます。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

桜と五重の塔

先週の土曜日東京は桜が満開ということなので池上本門寺に行ってきました。

昨年も行きましたが、今年は五重の塔の周りを廻って撮影ポイントを色々探しました。

D300と5DとOM-1の三台を持っていきましたがさすがに帰りには疲れました。

最初に昨年は誰でも行ける所とは知らなくて行かなかった池上会館の屋上にある展望台に行きました。

5D+EF17-40mmでの撮影です。

1)

Img_1014slk_

左側の屋根は大堂です。

D300+VR18-200mmでの撮影です。
以下ことわりの無い写真は全てD300+VR18-200mmで撮ったものです。

2)

Dsc_1834slk_

縦構図でも撮りました。

展望台は狭い場所なので順番待ちかなと思っていましたがそんなには混んでいませんでした。

3)

Dsc_1836slk_

展望台のある屋上から五重の塔へは直接歩いて行ける様になっています。

その途中からの撮影です。

4)

Dsc_1779slk_

今年は五重の塔の建立400年の記念の年で、普段は開いていない扉が開かれ法要が行われていました。

5)

Dsc_1781slk_

この五重の塔は慶長13年2代将軍徳川秀忠が建立したもので国の重要文化財に指定されています。

大堂の方から五重の塔に行く道は桜並木になっていて撮影ポイントですが、ぎりぎり人が入らない様に撮りました。

6)

Dsc_1784slk_

5D+EF17-40mmでは人も入れて撮りました。

7)

Img_1006slk_

ぐるっと廻ってもいい撮影ポイントがなく、大堂の横のフェンスの上から背伸びをして撮りました。

8)

Dsc_1812slk_

お墓の中から

9)

Dsc_1830slk_

10)

Dsc_1832slk_

更に左回りに廻って

11)

Dsc_1843slk_

さて皆様はどの撮影ポイントからの五重の塔が良かったでしょうか?
私は10)が気に入っています。

おまけは大堂と桜です。

12)

Dsc_1801slk_


妙見堂と枝垂桜です。

13)

Dsc_1846slk_

おまけのおまけです。(笑)

14)

Dsc_1805slk_

フルサイズ17mmの画角で撮った写真を、更におまけで載せます。

最近はAPS-Cの画角が身について17mmは普通の広角という感覚ですが、フルサイズの17mmはやはり超広角です。
今回の場所は余分な物が入るのでほとんど40mm側で撮っていました。

最も私は超広角が苦手なので使えなかったということですが、広い境内だけが17mmで撮れました。

5D+EF17-40mmF4L

15)

Img_1008slk_

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »