« 雪景色の尾瀬ヶ原1 | トップページ | 雪景色の尾瀬ヶ原3 »

2007年5月 9日 (水)

雪景色の尾瀬ヶ原2

今回の尾瀬ヶ原撮影会の目的(特徴)は

1.尾瀬ヶ原の中にある龍宮小屋に泊まることにより尾瀬ヶ原の夕日と日の出を撮る事。

2.積雪のあるこの時期だけ可能である、木道以外でも歩けるという事でいい撮影ポイントに行ける事。

です。

2は尾瀬ヶ原を知り尽くしている吉田先生の案内無くしては危険でもあります。

参加者22名(内女性5名)ですが、カメラは先生も含めて銀塩が7、80%、年代は多分50代~70代で60代が中心、
私(一脚)以外の全員が三脚持参、一人での参加がほとんどでした。

一日目は9時には消灯、二日目4時15分日の出撮りに小屋を出発し、日の出を撮った後6時頃小屋に帰って朝食です。

山小屋なので当然ですが、部屋は6人相部屋です。

防寒の対策を完璧にしていよいよいい日の出を期待しつつ出発です。
D200にAF35mmF2を付け一脚に、D40にはVR18-200mmを付け首からぶら下げ体制です。

小屋を出ると正面に至仏山その上に月が輝いていました。

D200+AF35mmF2

Dsc_4491slkn_


月明かりの中を歩きます、振り返ると燧ケ岳が朝焼けに染まり始めていました。

D40+VR18-200mm

Dsc_1728slkn_

日の出前迄には撮影ポイントについてスタンバイしなければなりません。

Dsc_1729slkn_


月は至仏山の稜線に隠れようとしています。

Dsc_1735slkn_


撮影ポイントに着きました、ここは積雪のある時期にしか来れない場所です。

4時51分 D200+AF35mmF2

Dsc_4498slkn_


5時1分 D40+VR18-200mm

Dsc_1748slkn_


5時6分 D40+VR18-200mm

Dsc_1751slkn_

5時11分 D40+VR18-200mm
至仏山も赤く染まって来ました。

Dsc_1754slkn_


そして日の出
5時16分 D200+AF35mmF2

Dsc_4503slkn5_2


至仏山
5時20分 D200+AF35mmF2

Dsc_4504slkn_


5時22分 D40+VR18-200mm

Dsc_1761slkn_


日の差した木々
5時23分 D40+VR18-200mm

Dsc_1762slkn_


このツアー最大のショーが終わりました。
この後は朝食を食べて帰り路です。
続く

|

« 雪景色の尾瀬ヶ原1 | トップページ | 雪景色の尾瀬ヶ原3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪景色の尾瀬ヶ原1 | トップページ | 雪景色の尾瀬ヶ原3 »