« カレンダー | トップページ | 洗足池の日の出 »

2007年1月 8日 (月)

D40で初撮り

ようやく今日初撮りに出かけることが出来ました。

もちろんD40にレンズ三本持って、常時携帯レンズをどれにするか、使い勝手も検討しながら約一時間撮影を楽しみました。

最初に第一候補の今までお蔵入りしていたAF ED28-200mmを付けての撮影です。

夜明け前

Dsc_0015nc_1


日の出も撮影しましたが、帰ってPCで見たらピントの位置が悪く全部ボツでした。

傍らを見るとゴイサギがじっとしていました。

Dsc_0036nc_1


ハクセキレイもちょこまかしていましたが、朝日をあびた瞬間をパチリ、MFだから動かれるとピント合わせが大変です。
ちょっとピントが悪いですね。

Dsc_0047nc_1


コサギをそろりそろりと2mくらいまで近づいてアップで撮りました。

Dsc_0111


多分ムクドリだと思いますが、残月を入れて撮ってみました。
Dsc_0066nc


レンズをAF50mmF1.8に変えてユリカモメです。
Dsc_0078nc


朝日に舞うユリカモメ
Dsc_0088nc

ユリカモメとカモは冬の洗足池の風物詩です。
Dsc_0091nc


最後はAi24mmF2で撮った写真です。このレンズは露出もマニュアルになります。
Dsc_0126nc


Dsc_0131nc


写りはやはり単焦点がなんとなくいい感じですが、利便性ではやはりAF ED28-200mmで、このレンズが一番使用頻度が多かったのですが、AF-S VR18-200mmのAF、VRに慣れてしまったのでMFはもう少し練習が必要なようです。
一脚使用したので結構遅いSSでもブレはそんなに無かったのですが、動くもののピントはもっと訓練しないと甘くなります。

どのレンズもそれなりに使いこなせそうでしたので、結論としてはやはりその日の気分によってVR18-200mmも含めて持って出るレンズを変えることになりそうです。(笑)

|

« カレンダー | トップページ | 洗足池の日の出 »