« 蝶 | トップページ | トンボ »

2006年6月10日 (土)

雨上がり

昨日までの雨が上がり早朝から日が差してきたので6時に出かける。

AF ED300mmF4にケンコーの厚さ25mmの接写リングを付けて撮ってみた。

思ったほど近寄れない1.5m位離れないとピントが合わない。

やはりもうチョット厚いリングの方が良かったようだ。

雨上がりで花に水滴がついている。

撮っていると野鳥の神様Wさんが通り掛かり「霧吹きで作った水滴と雨で出来た水滴はプロの写真家が見ると一発で分かるらしい」と教えてくれた。

今回の写真はすべて本物の水滴だ。(私にはとても見分けなど付かないと思う・・笑)

接写リングを付けるとこの大きさでしかもほとんど画質が落ちないところが魅力だ。

Dsc_2447r

Dsc_2448r

先週は咲いてなかった花が咲いていた。

ヘメロカリス(ニイコウキスゲと同じ仲間とのこと)と ほたるぶくろである。

Dsc_2457rt

ヘメロカリスには余り近寄れないので水滴に注目してトリミングしてみた。

Dsc_2456rt2

ほたるぶくろ  この花も近寄れないのでサンヨンならではである。

Dsc_2459rt

Dsc_2462rt

接写リングなしでもう一度撮ってみる。

今日は結局同じ場所に2時間もいた。

Dsc_2467r

Dsc_2468rt

|

« 蝶 | トップページ | トンボ »