« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

霧降の滝

霧降の滝の展望台は狭くて撮影ポイントが限られるているため40人ものカメラマン(ウーマン)が押しかけると順番待ちで雨も降っているし落ち着いては撮れない。

結局自分の撮影したポイントが最良かどうかもわからなかった。

遠景

Dsc_2272rt

下段の滝

Dsc_2257r

Dsc_2249r

Dsc_2248rt

|

竜頭の滝2

竜頭の滝を上流から下流に向かって雨の中写真を撮りながら歩いた。

所々にトウゴクミツバツツジが雨に濡れてしっとりと彩りを添えている。

すべて D200 + AF-S VR18-200mm

Dsc_2186r

Dsc_2198rt

Dsc_2203r Dsc_2238rt Dsc_2242rt Dsc_2215r Dsc_2229r Dsc_2246r

|

2006年5月28日 (日)

竜頭の滝

昨日は写真撮影のバスツアーで日光の湯滝、竜頭の滝、霧降の滝に参加してきた。

あいにくの雨でカメラをかばいながらの撮影だったのでレンズはVR18-200mmを付けっぱなしで交換する余裕などなかった。

参加者は見受けたところ60才以上の老老男女40数人で男女比は半々位で、皆さん頑丈な三脚と高価なカメラ・レンズを駆使して、雨の中熱心に撮影されていた。

どちらかというと銀塩の方が多いように感じられた。

同行講師は写真家の森祐二先生でバスの中で露出補正の話があった。

こういう時は露出補正をこんな風にかけるといいという話であったが、はずかしながらRAWで撮る私は今まで一度も露出補正などかけた事がないし、かけかたも覚えていない、私はスポット測光で自分の主題を適正露出でとれば事足りると思っていたが、白いところを白く、黒い所を黒く撮るには露出補正かけないと撮れないといわれ、確かにその通りだなと納得してしまった。

今までそのあたりの調整は経験と勘でスポット測光のはかる場所を微妙に変えて調整していたので露出で悩んだことはあまり無いが、オートブラケットで-1,0,+1の連写で撮ればRAWの露出補正が実用的には-1~+1だから-2~+2までは大丈夫な訳になる。

今回のツアーの大きな収穫であった。

Dsc_2213r Dsc_2224rt

|

2006年5月25日 (木)

睡蓮

今年も睡蓮が咲いた。

でも葉の影に隠れてよく見えないのでみんな気がつかないで通りすぎていく。

去年は三カ所に咲いていたが今年は一カ所だけだった。

D200 + AF ED300mmF4にて撮影。

Dsc_2007h

ヤブヘビイチゴが沢山なっていたがこれ以上は近寄れない。

Dsc_2067h

ハコネウツギが今年も咲いた。

この花は白から段々紅色になるので一本の木に色が混じる所がまたいい。

Dsc_2058h

名も知れぬ花

Dsc_2011ht

   

|

2006年5月22日 (月)

アゲハ蝶

昨日は久し振りの晴天で池の周りは散歩する人たちで賑わっていた。

クロアゲハが飛んできたがなかなか止まらない、ようやく止まった所を撮る。

Dsc_1960r_3

D200 + AF ED300mm F4

アオスジアゲハも見つけたが遠くてこれが精一杯。

Dsc_1997rt_1

|

2006年5月13日 (土)

黄菖蒲ほか

今日は雨が降りだす予報なのでその前にということで朝6時頃出かけた。

黄菖蒲が見頃となり色々撮ってみた。

ちょっと離れた所から2枚

D200 AF-S VR18-200mmにて

Dsc_1821r

Dsc_1835r

18-200mm+クローズアップレンズ(上) とタムロン90mmマクロの撮り比べ(下)

Dsc_1824r

Dsc_1848r

カキツバタ AF-S VR18-200mm

Dsc_1816r

ベニバナシャリンバイ    タムロンSP90mmF2.8マクロ

Dsc_1838r

タニウツギ  タムロンSP90mmF2.8マクロ

Dsc_1843r

Dsc_1845r

名前の分からないかれんな花  VR18-200mm+クローズアップレンズ

Dsc_1831r

 

|

2006年5月10日 (水)

春宵の響

今日第12回洗足池"池月橋"横笛演奏会「春宵の響」が開催された。

人間国宝・寳山左衛門とその門下の演奏家の笛と鼓による橋と池に浮かべた小舟をステージにした演奏会である。

雨上がりの池の水面を渡る笛の音は集まった人たちを魅了した。

残念ながら係以外の撮影禁止のため写真は撮れなかったが、終了後に撮った写真でその雰囲気が伝わればと思う。

18時30分から約一時間半、今年は大田区立東調布中学校三味線部と笛との見事な共演もあり素晴らしい演奏会だった。

CANON PowerShot G1 手持ち SS0.6秒  f2開放

Img_0760hs

パンフレット

Photo

|

2006年5月 7日 (日)

連休四日目

天気がいいのは今日までという予報なので連休の撮影も今日が最後だ。

D200にAF ED300mmF4を付けて出かける。

アヤメをもう一度撮る、風が強くてなかなか静止しない。

Dsc_1774r

風にゆれるアヤメ。

Dsc_1776r

名前も分からない小さな花。

Dsc_1785r

タニウツギ

   Dsc_1794rDsc_1798r 

|

連休三日目

今日はD200にタムロンの28-300mm(A061)をつけて出かける。

アヤメが咲いてきた。

Dsc_1714r

ちかくにムクドリが来たので撮る。

Dsc_1716r

コデマリを今度はF10まで絞って撮ってみる。

Dsc_1720r

カメが日向ぼっこをしていたので同じ景色を少し望遠気味に撮る。

Dsc_1733r

黄菖蒲も咲きだした。

Dsc_1737r

ベニバナシャリンバイは目立たないが良く見ると綺麗だ。

Dsc_1749r

もう一度アヤメに挑戦する。

      Dsc_1767r

|

連休二日目

今日はD200にAF-S VR18-200mmをつけて出かける。

新緑が目に鮮やかである。

Dsc_1637r

クローズアップレンズNO.3を付けコデマリとツツジをアップで撮る。

VR18-200mmはクローズアップが物足りないのでクローズアップレンズがあると重宝する。Dsc_1651rDsc_1655r

天気がいいので池の景色を撮る。

Dsc_1683rDsc_1685r

梅の実がいつの間にかなっていた。  Dsc_1694r 

|

2006年5月 3日 (水)

連休初日

楽しみにしていた5連休の初日天気も良く絶好の撮影日和、朝6時に出かける。

写真仲間から悲しい出来事を聞いてショックを受ける。

気を取りなおして池の周りを歩いたらカキツバタが一本だけもう綺麗に咲いていた。

Dsc_1600r2

D200 AF ED300mmF4+テレプラスPro300×1.4

ツツジは終った品種もあるがほぼ満開である。

Dsc_1614r_2 Dsc_1619rt Dsc_1622rt Dsc_1621r Dsc_1624rt

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »